SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、分析サービス「DASH-UP」を開始 分析基盤を設計・構築しマーケティングの高度化を実現

 アイレップは企業がマーケティングに活用するあらゆるデータを組み合わせ、個々のユーザーを起点とした行動や意識の傾向を捉える分析サービス「DASH-UP」の提供を開始した。

 「DASH-UP」は従来の分析サービスだけでは網羅できなかった分析基盤の設計・構築を追加したサービスだ。これによりクライアント企業は、コンサルティングとシステム開発を分断して各業者に依頼することなく、分析基盤の設計と分析作業を一貫して行うことが可能となる。顧客データの基盤統合によるオンラインとオフラインを横断した購買傾向の把握や、Webサイトとアプリの広告配信結果を顧客データと紐付けて配信の最適化に活用など、収集したデータの有効活用が期待できる。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 昨今、企業はWebサイト上のユーザー行動や屋外広告のデータ、自社で保有する顧客情報などを収集・活用し、一人一人の顧客満足度を高めるマーケティングが重要視されている。一方で、ユーザー体験の質を向上させるための課題の明確化や関係部署間のコミュニケーションが不十分なまま進行し、データを活用しきれていないという課題もある。顧客接点が複雑化するなか個々のユーザーのニーズを捉えた施策を展開するためには、マーケティングに直結する最適化されたデータの収集はもちろん、その先の分析を見据えた基盤構築が不可欠だ。

 このような背景から同社は、個々のユーザーを起点としたデータ分析からデータ収集のための基盤設計までを包括的にサポートする「DASH-UP」の提供に至った。単にデータを取得するだけではなく、CDP(Customer Data Platform)やDMP(Data Management Platform)を掛け合わせた統合・分析から、データ基盤の設計・実装まで、ユーザーに応じたマーケティングの高度化を実現させていく。

【関連記事】
アイレップとエイスリー、キャスティング含めソーシャルコマースを統合的に支援するサービスを提供開始
アーツアンドクラフツとアイレップ、購買体験の質を高めるD2Cサービスを開始 戦略設計から製造まで支援
アイレップ、ユナイテッドと提携 戦略からマーケティング実行まで包括的なサービスを行い企業のDXを支援
アイレップとセレブリックス、BtoBマーケティング・営業代行業務のワンストップ支援サービスを提供
アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング