SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オンライン購買に不満を感じる生活者が増加 配送時間が要因か【ニールセン調査】

 ニールセンは、32の国と地域において実施したグローバル調査「新型コロナウイルス感染症拡大によるショッパーの買物習慣と意識の変化」の第2弾を発表した。以下、一部内容を紹介する。

オンラインでの買い物は高止まり ただし、不満が増加

 オンラインでの買い物は61%の回答者が利用。コロナ以前の54%に比べて高い状態を保っていた。しかし、6月上旬時点の調査と比較すると、不満を感じている回答者が2%から11%に増加。配送までの時間の期待値と、実際の時間に乖離があることなどが影響していると思われる。

(タップで拡大)
(タップで拡大)
(タップで拡大)
(タップで拡大)

 6月上旬に比べて、品揃えが減った、特売が減った、価格が上がったと回答した生活者は、リアル店舗、オンライン店舗ともに半分程度に減少した。

(タップで拡大)
(タップで拡大)
(タップで拡大)

(タップで拡大)

【関連記事】
Tポイント物価指数、2ヵ月連続上昇 上昇率が最も高かったのは60~79歳・男性/CCCグループ調査
企業情報サイトランキング2020、ユーザー評価1位は2年連続サントリー【トライベック調査】
2020年、売れたものランキング:上位は衛生用品、その他「鬼滅の刃」関連が躍進/インテージ調査
食品で最も惹かれるキャッチコピーは 「売り上げNO.1」。約半数以上が購入経験あり/ドゥ・ハウス調査
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/15 12:45 https://markezine.jp/article/detail/35082

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング