SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、配信結果を基に広告効果の高いユーザー群を分析・抽出するツール提供開始

 電通デジタルは、配信結果を基に広告効果の高いユーザー群を分析・抽出するツール「Affinity Visualizer(アフィニティ ビジュアライザー)」の提供を開始した。

「Affinity Visualizer」でユーザー群を興味関心別に分析したバブルチャート。縦軸がリーチ、横軸がCTRの伸びしろ。右上に向かうほど広告効果が高い
「Affinity Visualizer」でユーザー群を興味関心別に分析したバブルチャート。縦軸がリーチ、横軸がCTRの伸びしろ。右上に向かうほど広告効果が高い

 同ツールでは、匿名化された広告配信データを基に、興味、関心、属性など様々なセグメントのデータを分析。クリック率の高いユーザー群を抽出・可視化し、広告効果最大化のためのクリエイティブ開発や最適なターゲット層への訴求を可能にする。また、Googleが提供するユーザープライバシーに配慮したクラウドベースの分析基盤「Ads Data Hub(アズ データ ハブ)」のAPI機能を活用。興味、関心、属性などの集計条件の設定画面で条件を指定することで、「EASI Monitoring」画面に、自動で結果を反映できる。これにより、分析チームを介さないスピーディーな分析を実現する。

 なお、同ツールはサブスクリプション型で提供される。

【関連記事】
電通デジタル、顧客行動の予測モデルをアジャイル型で開発する営業コンサルサービス開始
電通デジタル、ECモールに特化した分析ソリューションを提供開始 自動でレポートを作成
電通デジタル、LINEを活用し店舗保有企業向けサービスを開始 開発からオペレーション設計まで対応
電通デジタル、動画共有サービスの広告配信推奨リストを提供 ブランドセーフティ強化
電通デジタル、Nintと共同で中国越境ECの進出支援を開始 中国ECの市場調査サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/15 12:10 https://markezine.jp/article/detail/35115

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング