SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2020年に最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】

 BitStarは、自社で開発したインフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」のデータに基づき、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキング総括を発表した。

チャンネル総再生数が最も多かったのは『Junya.じゅんや』

 2020年1月~12月の期間にYouTubeに投稿された動画において、同期間に多く再生されたチャンネルのランキングは以下の通り。

第1位『Junya.じゅんや』

 TikTokのフォロワー数が日本一の『Junya.じゅんや』。チャンネル開設から4ヵ月で、2020年のチャンネル総再生数1位に。動画の長さは10分未満が多く、TikTok動画をYouTubeにあげているケースが多い。また、動画の投稿本数も多く、12月には140本以上の動画をアップロード。チャンネル登録者数も400万を超えている。

第2位 『東海オンエア』

 愛知県岡崎市出身の6人組YouTuberの『東海オンエア』。2020年には、初の冠番組『東海オンエア〜上京フェス2020〜』(日本テレビ)が放送された。メンバーの個人チャンネルも好調で、それぞれの合計登録者数は300万人を超えている。

第3位『Fischer's-フィッシャーズ-』

 6人組YouTuberの『Fischer's-フィッシャーズ-』。2020年は、チャンネル総再生数(これまでに投稿された全動画の総再生数)が100億回を突破。チャンネル登録者数は1年で約60万人増加した。2020年12月からは『フィッシャーズ人生展』を全国6ヵ所で開催。撮影で使用した小道具や写真などを展示した。

動画再生数が最も多かったのは『Kota Mino Kids Channel』

 2020年1月~12月の間にYouTubeに投稿された動画うち、1本あたりの再生数の多かった動画のランキングは以下の通り。

第1位 Kota Mino Kids Channel/こたみのチャンネル
『【寸劇】みのちゃんはいつでも赤ちゃんになりたい!素敵なお姉ちゃんになって赤ちゃんのお世話できるかな?*Mino Pretend nanny 教育 こたみのチャンネル』

 「こたくん」と「みのちゃん」が楽しそうに遊ぶ動画で、子どもから人気を集めた。チャンネル自体も、1年間で登録者数が約150万人も伸びている。

第2位 LiSA Official YouTube『LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-』

 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 主題歌シングルの『炎』。第62回日本レコード大賞の大賞を受賞した曲でもあり、LiSAの代表的なヒットソング。チャンネル登録者数も順調に増え、2020年は80万人から170万人にまで登録者数を増やしている。

第3位 米津玄師『米津玄師 MV「感電」』

 この曲はTBS系金曜ドラマ『MIU404』の主題歌として書き下ろされた楽曲。チャンネル登録者数は500万人を超え、日本人アーティストではトップのチャンネル登録数。2020年8月には、世界的に人気のオンラインゲーム『フォートナイト』内で、日本人アーティストとして初のバーチャルライブを行ったことでも話題になった。

 また、5位と7位にはTHE FIRST TAKEから『DISH// (北村匠海) - 猫』と『YOASOBI - 夜に駆ける』がランクイン。「音楽とは、何か。一発撮りで、向き合う」をコンセプトに、ミュージシャンが一発撮りで収録したパフォーマンスを公開している。

タイアップ動画で最も再生数が多かったのは『荒野行動』

 2020年1月~12月の間に投稿されたタイアップ動画(広告コンテンツ)で、同期間に多く再生された動画は以下の通り。

第1位『荒野行動』

 ゲームリリースから3年が経ったが、YouTubeでのタイアップ投稿数はいまだ多く見られる。e-スポーツとしても認知され、賞金総額2500万円の大会も開かれた。

第2位『コード:ドラゴンブラッド』

 有名YouTuberとのタイアップのほか、公式生放送やエヴァンゲリオンとのコラボもTwitterでトレンド入りするなど話題となった。

第3位『Qoo10ネットショッピング』

 美容系YouTuberを数多く起用し、割引キャンペーンなどと連動したタイアップ動画が多く見られた。

【調査概要】
調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
対象期間:2020年1月~12月に投稿された動画
※細かな数字は切り捨てて表示

【関連記事】
2020年、流行ったものを調査 1位は「鬼滅の刃」、エコバッグ・Zoomも上位に【LINEリサーチ】
約5割が昼にGo To Eatを活用 30・40代男性の「1人ランチ」は4割超【ぐるなびリサーチ部】
女性人気アイドルグループは「乃木坂46」「Perfume」「ももクロ」がTOP3【LINEリサーチ】
男性人気アイドル、男女全年代で「嵐」が1位 10代は「BTS」「ヒプマイ」が上位【LINEリサーチ】
2020年、高校生のハロウィンの過ごし方は「お菓子パーティーをする」などが上位に【LINEリサーチ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング