SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイド、Google BigQueryとKARTEのデータ連携を可能にするサービスを正式提供開始 

 プレイドは、企業がGoogle BigQuery上に蓄積した様々なデータを、同社が提供するKARTE Datahubの管理画面上でKARTEに蓄積したデータとシームレスにつなぎ、より自由度の高いデータの利活用を可能にする「Datahub Direct link」の正式提供を開始した。

 KARTE Datahubは、顧客データや行動データ、オフラインデータなどのデータベースを統合して顧客の解像度を上げることで、より深く顧客を知り、様々なチャネル・タッチポイントでワンストップにCX(顧客体験)の向上を実現するデータの統合・利活用プラットフォーム。

 今回開始するDatahub Direct linkにより、Google BigQuery を活用する企業においては、データの量や場所を気にすることなく、シームレスなデータの利活用を可能にする統合的なシステム基盤が実現する。

クリック/タップで拡大
【クリック/タップで拡大】
クリック/タップで拡大
【クリック/タップで拡大】

 なお、同機能の提供対象はKARTEのオプションであるKARTE Datahubの契約企業となる。またDatahub Direct Linkは、Google Cloudの導入・運用を支援するパートナー企業を通じて販売される。

【関連記事】
プレイドとJ-WAVE、「CX AWARD 2020」発表 YOASOBI・あつ森・カインズらが受賞
プレイド、KARTE DatahubがBIと機械学習の機能を追加 データの蓄積と活用をシームレス化
ソウルドアウト、データ統合・可視化するBI設定サービス「SO カシカ」のデータ連携先を拡充
チャットブック、データ活用で顧客に最適な体験を提供する「DataBox」のリリースへ
オプトとnehan、企業向けデータ分析支援サービスを共同開発 データ基盤の整備から内製化までサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/08 13:45 https://markezine.jp/article/detail/35471

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング