SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

バルクオム、米国に進出しEC販売を開始 バラエティショップでの販売も予定

 メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムは、日本時間2021年2月15日より米国でのEC販売を開始した。

 米国は、世界でも最大級のメンズグルーミング市場であることに加え、Eコマース文化も日本以上の浸透率がある。そのため、海外展開をする上で欠かすことのできない市場であると考え、進出に至った。今回の米国を含めアジア・ヨーロッパなど計11の国と地域への進出となる。

販売製品一覧 (クリック/タップで拡大)

 今後同社は米国国内でのブランドの認知拡大を目指し、オンライン・オフラインともにプロモーションを強化する。短期的なオフライン展開では日系人を中心としたアジアマーケットに向けてサンプリングやタッチアンドトライなどのプロモーションを実施し、メンズスキンケアの啓蒙およびブランド認知拡大による取扱店舗の拡大を目指す。中長期的には米国に住むすべての男性に向けてマーケティング活動を実施し、さらなるブランド認知度、プレファレンス(好感度)の拡大を狙う。そして最終的にはサブスクリプションビジネスの導入を検討していくという。

 具体的には、日本と同じD2Cビジネスモデルのテストを行う。自社ECだけでなく米国Amazonでオンライン販売を行い、より多くの消費者にリーチすることを狙っていく。さらにタッチポイントの創出として全米で展開する「Tokyo Central」ガーデナ店などバラエティショップ約20店舗での展開を予定している。

【関連記事】
バルクオム、約15億円の資金調達 国内マーケティング強化およびグローバル展開推進による事業拡大を加速
楽天、米Buy.comを買収、米国進出の足がかりに
オトナルと米国Podsightsが提携 ポッドキャスト内広告や企業ポッドキャストの効果を計測可能に
2020年ホリデーシーズンの米国のオンライン売上が過去最高となる1,890億ドルと予測【アドビ調査】
人気楽曲「ポケットからきゅんです!」や米国規制で、若年層がTikTokに注目/LINEリサーチ調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/15 17:15 https://markezine.jp/article/detail/35525

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング