SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユナイテッドアローズに聞く、顧客インサイトベースでEC戦略を構築する極意【参加費無料】

 MarkeZineは、2021年3月2日(火)~3月4日(木)の3日間にわたり、「MarkeZine Day 2021 Spring」をオンラインにて開催する。現在40を超えるテーマを発表し、50を超える様々なセッションを催す。

 3月4日(木)の12時45分から行われるセッション「SimilarWebの持つ圧倒的なデータ量で自社・競合・市場を把握し、顧客視点のジャーニーに結びつけるEC戦略--ユナイテッドアローズのEC売上爆速向上施策事例--」では、ユナイテッドアローズの柚木園 顕豪氏とSimilarWeb Japanの平良 亮氏が登壇。

 同セッションでは、SimilarWebの持つ圧倒的なデータをもとにECを改善したユナイテッドアローズの事例が明らかになる。2020年はECサイトが伸長した年だった反面、多くのECサイトが乱立。競合が増えていく中、消費者に自社のECサイトを選んで使ってもらうことは簡単ではない。

 セッション内では、ユナイテッドアローズがSimilarWebを使った客観的データからどのように課題を洗い出し、自社サイトへのジャーニーを改善したかを紹介。業界全体、競合、顧客の分析によってどのようなインサイトを発見したのか、自社のEC売上増加につながる施策に結びつけたかが明かされる。EC戦略ならびにデジタルマーケティングの強化を行っていきたい企業には役立つ内容となっているので、ぜひ聴講いただきたい。

【開催概要】

イベント名称:MarkeZine Day 2021 Spring
登壇セッション:
SimilarWebの持つ圧倒的なデータ量で自社・競合・市場を把握し、顧客視点のジャーニーに結びつけるEC戦略
--ユナイテッドアローズのEC売上爆速向上施策事例--

登壇者:ユナイテッドアローズ
    第二事業本部デジタルマーケティング部 部長 柚木園 顕豪氏
    SimilarWeb Japan
    カスタマーサクセス統括 平良 亮氏
日時:2021年3月4日(木)12:45~13:30
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング