SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Spotify Advertising PARTNER」リニューアル、新たに4社がパートナーに

 オーディオストリーミングサービスSpotifyは、サービスや広告商品を活用して広告主のキャンペーンに大きく貢献した広告代理店や広告関連企業を評価し、認定するパートナープログラム「Spotify Advertising PARTER」をリニューアル。新たに4社をパートナーとして認定した。

新規認定パートナー
  • 株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
  • 株式会社サイバーエージェント
  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
    (五十音順)

 同社は、2020年6月に同プログラムの前身となる「Spotify for Brands PARTNER」プログラムを開始し、Spotify上の広告枠取り扱い量や内容、売上成長率などをもとに審査を行い、11社をパートナー企業として認定している。

 認定パートナーには、Spotify広告枠の予約型販売権を提供するとともに、デジタル音声や動画をはじめとしたSpotifyの広告枠を活用したマーケティングソリューションの開発や調査プロジェクトなどを合同で実施する。

 なお、今後も定期的に実績の審査・評価が行われ、年2回の頻度で認定パートナーは更新される。

参考:2020年6月の認定パートナー11社
  • 株式会社アイレップ
  • 株式会社エフエム東京
  • 株式会社オトナル
  • 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
  • 株式会社ザ・ゴール
  • 株式会社JR西日本コミュニケーションズ
  • 株式会社新通
  • 株式会社トライバルメディアハウス
  • 株式会社電通デジタル
  • 株式会社VOYAGE GROUP
  • 株式会社マッキャンエリクソン
    (五十音順)

 また、Spotifyはブランドマーケターや広告業界関係者向けの日本語版情報サイト「Spotify Advertising」を合わせて開設した。

 デジタル音声広告の可能性や、Spotifyの広告プラットフォームとしての特徴や活用事例などを紹介している。

【関連記事】
ジオロジック、位置情報を使った音声広告をSpotifyで配信可能に
オトナルとコエステ、AI・音声合成技術を活用した音声広告配信サービスを開始 音声の量産を可能に
エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定
リクルートの「SUUMO」、インタラクティブ音声広告を開始 音声回答から広告への興味有無を識別
約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも【トレンダーズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/17 17:30 https://markezine.jp/article/detail/35557

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング