SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTok、日テレのドラマを「動く実写マンガ『2.5どら』」にして番組放送前に配信

 TikTokは日本テレビのドラマ「おしゃれの答えがわからない」を、マンガフォーマットに落とし込んだ2.5次元ドラマ「2.5どら」のオリジナルムービーを限定配信する。

 2.5どらは、ドラマ映像をマンガのコマ割に落としこんだ実写マンガ。従来のマンガとは異なり、コマやマンガ効果がスクロールに応じて動く仕掛けがある(配信プラットフォームによっては画像のみの場合もある)。

 通勤・通学時やスキマ時間などで気軽にドラマのストーリーを楽め、また、気になった作中のコーディネートやメイクなども、自身のタイミングでチェックすることが可能。

 「おしゃれの答えがわからない」の2.5どらはドラマ1話分のストーリーを月~土曜日に分けて配信。日曜深夜にマンガとして配信された内容をテレビでドラマとして視聴できる。2話以降も同様に2.5どらが先行配信される。

 また、「おしゃれの答えがわからない」の公式アカウントも開設され、アカウント上で番組に関連するオリジナル動画も発信される。

【関連記事】
Z世代の56.9%がTikTokを1日1時間以上閲覧 情報収集ツールとして活用する人も【Z総研調査】
ウェザーニューズ、月間視聴者700万人の「ウェザーニュースLiVE」をTikTokで配信開始
コロナ禍により増えた自由時間の使い方、「テレビ視聴」と「動画視聴」が拮抗/Mediabrands調査
TikTok、UGCを生み出す方法をまとめた「TikTok #Challenge Tips」を公開
人気楽曲「ポケットからきゅんです!」や米国規制で、若年層がTikTokに注目/LINEリサーチ調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング