SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE公式アカウント、友だち追加を開始条件に自動でメッセージを送れる「ステップ配信」の提供を開始

 LINEは企業・店舗向けLINEアカウント「LINE公式アカウント」において「ステップ配信」の提供を開始した。

 「ステップ配信」機能は「友だち」追加を開始条件に、あらかじめ設定した条件にもとづいてLINE公式アカウントからメッセージを自動送信することができる。「友だち」追加を開始条件として、「友だち」になってからの経過日数や「友だち」追加を行った経路別に、事前に設定したメッセージが自動で配信される。また性別、年代、地域、OSなどの属性を指定したメッセージ配信の分岐設定も可能だ。

 たとえば、「友だち」追加から1週間ごとに継続してメッセージ配信を行うことで、商品・サービスに対する認知の定着を狙うことができる。また、長期間「友だち」になっているユーザーに対して、商品・サービスの理解や愛着が深まるコンテンツを配信することで、新しい「友だち」への紹介を促すことも可能だ。

 同機能を活用し属性に合った適切な内容やタイミングでメッセージを送り分けることで、ユーザーにブロックされにくいコミュニケーション設計を立案することができる。従来のように、企業や店舗の担当者が都度手動で対象者の条件を絞ってメッセージ配信を行う必要がないため、LINE公式アカウントの運用負荷を増やすことなく、ユーザーに対する効果的かつ継続的なコミュニケーションを実現できる。

 同機能の利用には追加費用は発しないが、LINE公式アカウントのメッセージ配信通数として加算される。「ステップ配信」によって利用中のプランの通数上限を超えた場合、自動的に「ステップ配信」は停止する。

【関連記事】
LINEギフト、贈り主と友だちが同じ商品を共有できる新広告メニュー「ペアギフト」の提供を開始
Clubhouse認知率は66%まで上昇/利用意向は30代で増加【LINE調査】
LINE、APIに関する技術情報やユースケース、クライアント事例などを紹介するWebサイトを公開
LINE、UIデザインを大幅リニューアル アプリ全体で一貫した体験を提供するためシンプルさを追求
LINEリサーチ、オンラインインタビューの対応を開始 広範囲な定性調査を実施することが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング