SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、最大4名でライブ配信できる新機能「ライブルーム」を導入

 Instagramは、最大4名でライブ動画を配信できる新機能「ライブルーム」を導入したことを発表した。

 Instagramライブを活用するユーザーは、2020年では全世界で50%増えるなど他者とリアルタイムにつながるためのツールとして需要が高まっている。ライブルームは2020年秋からインドとインドネシアでテストを行ってきた機能で、今後数週間のうちに世界中で利用可能となる。

 ライブルームを活用して複数のゲストを招待することで、トークショーやポッドキャストをする、他のアーティストやバンドメンバーと音楽セッションを行うなど多様なライブ配信をすることができる。

 また、2020年10月から国内でテストを開始したバッジ機能はライブルームでも利用可能だ。視聴者に120円・250円・610円(米国ドルでは$0.99・$1.99・$4.99)のバッジを購入してもらうことで、ライブ配信を収益化することが可能だ(ただしライブルームでバッジ機能を利用できるのはホストのみ)。

【関連記事】
Instagram、短尺動画「リール」にショッピング機能を追加
Instagram、「リール」と「Instagramショップ」専用のタブをアプリ画面に追加
Instagram、バッジ機能の国内テストを開始 Instagramライブで収益化が可能に
Instagram、話題のトピックを発見できる新機能「旬の話題」を導入
Instagram、IGTVにショッピング機能を追加 今後リールでのテスト実装も開始予定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング