SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジオターゲティングエリアを可視化する、エリアセグメンテーションデータ「c-japan」リリース

 商圏分析・エリアマーケティングGIS(地図情報システム)の開発・販売・運用支援を行う技研商事インターナショナルは、新たなエリアセグメンテーションデータ「c-japan(シー・ジャパン)」の販売を2021年3月4日(木)開始した。

 c-japanは、年齢や家族構成、住宅、就業等の特性に、年収や地価を加味した独自の分類技術を用いて、町丁目や郵便番号界、地域メッシュ単位でマーケティング分析にフィットしやすい形にクラスタリングし、11の居住特性を算出。さらに36の特性に分類されている。

c-japanのデータ作成手順と中分類
c-japanのデータ作成手順と中分類

 国勢調査のデータ項目のうち、居住特性を示す60項目を用いて主成分分析を行い、9つの居住特性(11個の因子スコア)を算出。さらに独自技術で、各セグメントの出現率に大きな差がでないようマニュアルで分類することでデータが作成されている。

 セグメントごとにテーマカラーを設け地図上にマッピングしてエリアの傾向を可視化したり、「チェーン店の出店傾向」や「保有自動車の車種傾向」といったレポートを作成したりできる。

【関連記事】
コロプラとTangerine、商業施設向け分析サービスを提供開始 商圏エリア・施設内をファネル分析
看板やサイネージエリアの人口マップを可視化 広告プラットフォーム「Bizpa」とDIMが連携
エリアごとにアプリ利用特徴を抽出 フラーと野村総合研究所、アプリのユーザー属性分析サービスを共同開発
デベロップジャパン、エリアビジネスのオンライン集客から接客までを支援するDAMソリューションを提供
ラクスル、イデア・レコードと業務提携 飲食店向けエリアマーケティングサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング