SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若年層を中心にDMを受け入れる意識が向上/1年前に比べ「開封割合が増えた」【トッパンフォームズ調査】

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ(以下、トッパンフォームズ)は、生活者の意識とダイレクトメール(以下、DM)を取り巻く実態や時系列変化から見えるトレンドの定点的な把握を目的に、生活者のDMに関わる行動について調査した。

2020年におけるDMの開封率、20代は35%以上が「増加した」と回答

 まず1週間に平均で何通くらいのDMを受け取っているかを調査した。結果DMを受け取っている生活者の割合も2020年は例年並みとなった。

※2018年は調査非実施

 次に届いたDMを開封する割合が2019年と比べて変わったか調査した。結果、DMの開封割合が「増加した」とする回答が「減少した」とする回答を大きく上回った。特に20代は35%以上が「増加した」と認識していた。

 「生活者がDMを開封する」行動は、2020年のコロナ禍による社会の変化が追い風になっているとトッパン・フォームズは考察した。

DMの活用、肯定的な意見が否定的な回答の2倍以上に

 最後に今後のコロナウイルス関連の社会動向を予想した際に「企業などから情報を伝える方法」としてDMは、どの程度活用されるべきか調査した。結果、コロナ禍におけるDMの活用に肯定的な意見が多く、否定的な回答の2倍以上という結果となった。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

【調査概要】
調査手法:Webアンケート方式
調査対象者とサンプル数:全国20歳以上の男女、届いたDMをおよそ3割以上開封する人・メールマガジンに登録している人2,000サンプル(20~70代以上男女)
調査実施時期:2020年10月30日(金)~11月2日(月)

【関連記事】
カラフル・ボードとトッパンフォームズが業務提携 レコメンドエンジンの開発に着手
凸版印刷、Salesforce用のDMアプリを提供 印刷から発送までの自動実行を支援
凸版印刷、スマホをかざすだけでLINE公式アカウントとつながる新システムを展開
凸版印刷、オープンエイトと業務提携 動画作成サービスを共同開発し新サービス「movring」を開始
凸版印刷、AIチャットボット「BotFriends」をアップデート SNSなどの連携をスムーズに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング