SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日比谷花壇、LINE公式アカウントにチャットボット「anybot」を導入

 日比谷花壇は、エボラニが運営するチャットボット「anybot(エニーボット)」を導入した。

 日比谷花壇はLINE公式アカウントを2019年2月に開設し、友だち追加をした顧客に対して、花やキャンペーンなどの情報を配信していた。しかし顧客に対する効果的なコミュニケーションが取れておらず友だち数は1,000人ほどにとどまっていた。

 その中で同社は、LINEで顧客とつながることができ、これまでWebサイト内で展開していた来店予約や記念日登録がなどの機能が使えるツールを探す中で出会った、anybotを導入。同サービスを導入し「顧客一人一人に合った情報の配信」「記念日リマインダーからの成約率向上」を可能にした。

 「顧客一人一人に合った情報の配信」に関しては、顧客がLINE上で登録したお気に入り店舗の情報や、友だち登録時の初回アンケートでの顧客情報をもとにセグメント配信を実施。また、来店した人にLINE友だちを勧めるなど地道なアプローチをし続けた結果、LINE友だち数も順調に伸び、7ヵ月間で45,000人まで増やすことができた。

 「記念日リマインダーからの成約率向上」に関しては、これまでWebサイト上で行っていた記念日リマインダー機能をanybotが新たに開発。LINEによる記念日のリマインドメッセージを経由した花の注文の成約率は、メールで配信していた時と比べ大幅に向上したという。

【関連記事】
日比谷花壇、Instagram投稿を活用したコンテンツをリリース 投稿とECサイトの導線をスムーズに
日比谷花壇がYextのクラウドプラットフォームを導入 Web上に存在する複数の店舗情報を一元管理
ジーニーのチャットボットツール「Chamo」、ECサイト向けにEFO機能などを強化
Macbee Planet、チャットボットに“ユーザーの温度感を数値化”する新機能「FRS」を搭載
営業自動化のChatBook、EC特化のチャットボットサービスを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/09 10:15 https://markezine.jp/article/detail/35679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング