SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

データアーティスト、ファーストビュー自動生成ツール「KaleidoShot(β版)」の提供開始

 データアーティストはWEBページの1stViewの自動生成ツール「KaleidoShot(β版)」の提供を開始する。

 ユーザーは、デザイナーやコーダーなどのWEB専門家に一切頼ることなく、簡単・高速に、1st Viewの多数パターン作成できる。

 また、管理画面から各1st Viewパターンに使用する画像の他に、キャッチコピー、商品・サービスの説明文、アクションボタンなど1st Viewのレイアウトを調整可能。

 出来上がった1st ViewパターンはHTML/CSSデータとして生成され、そのまま対象のWEBページやLPOツールに張り付けるだけで内容が反映される。なお、インターフェースはPCとスマートフォン両対応。

 デジタル広告代理店など、複数クライアントの複数のWEBページの更新・ABテストやパーソナライズを実施している運用者は通常のWEBブラウザーから「KaleidoShot」を使用することで、WEBの高速なPDCAが期待できる。

 今後、「KaleidoShot」はキャッチコピーや画像の自動生成・選定など、AIを活用した新機能の拡充も予定されている。

【関連記事】
ネットユーザー約3万人が選んだWebサイトランキング、総合1位はヤフー/日経BPコンサルティング調査
フォーム作成管理ツール「formrun」がWebサイト作成ツール「STUDIO」と連携開始
最短1分でニュース動画が作れる!メディア向け動画作成ツール「RICHIKA」がリリース
Sprocket、サイト内コンテンツを自動で出し分ける「コンテンツパーソナライゼーション」を提供開始
ローカルミエルカ、公式Webサイトなどの店舗情報を一括管理できる新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/29 11:20 https://markezine.jp/article/detail/35923

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング