SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Zeals、総額18億円の資金調達 チャットボットによる「おもてなし革命」を加速

 Zealsは、Z Venture Capital、電通グループ、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND、ジャフコ グループを引受先とする第三者割当増資および金融機関からの融資、コミットメントライン契約締結とを合わせて総額18億円の資金調達を実行。あわせて、株式上場の準備を開始した。

 同社は、チャットボットの技術をマーケティングに活かした「チャットコマース」とチャットボットをビデオ接客ツール、予約システムといった一連の接客サービスと連携させる「接客DX」を展開している。非接触・非対面でのコミュニケーションが求められる時代に、日本のおもてなしをデジタル化するという挑戦を加速するべく、今回の資金調達を実施した。

 「チャットコマース」は、チャットボットと会話しながら商品を購入できるサービス。現在の導入先は約400社、エンドユーザーは延べ430万人、会話分析データ数は4.5億におよぶ(2021年3月現在)。資産化したデータを活用することで、ユーザーに寄り添ったコミュニケーションを可能にし、企業のマーケティング戦略に貢献していく。

 また、今回調達した資金は、事業領域拡大に伴う投資および全職種における採用活動の強化、プロダクト開発体制構築、マーケティング活動への投資に充当される。

【関連記事】
Zeals、元CAの渡邊大介氏が執行役員に就任 マーケティング・セールス・採用領域を強化
H.I.S.がZealsと「接客DX」を開始 店舗で受けられる接客サービスをデジタルの空間に再現
Zealsがインティメート・マージャーの提供する「IM-DMP」と連携 チャットコマースの強化へ
Zealsとシルバーエッグ・テクノロジーが業務提携 サービスを連携しおもてなしの最適化を実現
三越伊勢丹ホールディングスがSalesforceを採用 おもてなし×デジタルによる百貨店モデルを推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/01 09:45 https://markezine.jp/article/detail/35964

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング