SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IAS、ログリーとPre-bidソリューションで連携 配信面の品質を検証し、入札可否を判断

 アドベリフィケーション・ソリューションを提供するIntegral Ad Science(以下、IAS)は、ログリーのネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」にて、IASの入札前ターゲティングソリューションと連携を開始した。

 IASの「入札前(Pre-bid)ターゲティング」は、プログラマティック広告の入札を実施する前に、入札先の配信環境を解析し、リスクある媒体への入札をリアルタイムでブロックするもの。

 設定した条件を満たす媒体のみをターゲティングして入札するため、確実に広告予算の無駄を省き、効率化することが可能。ブランドセーフティ、アドフラウド/不正インプレッション、ビューアビリティに対応している。

 IASはインターネット広告のリスクを可視化し、広告費用の適切な投資をサポートするソリューションを広告主、代理店に提供している。また、DSP、ソーシャルプラットフォーム、プレミアムパブリッシャーに対しても、広告掲載面の品質を向上させるソリューションを提供しており、Loglyを含む日本国内の主要なDSPやプレミアムパブリッシャーとも積極的に連携している。

【関連記事】
IAS、アドベリフィケーションを体系的に学べるオンライントレーニングプログラムを提供開始
PORTO、IASのPre-bidを拡充 インストリームでもブランドセーフティなどが可能に
IAS、広告面の文脈や感情を分析しターゲティングする「Context Control」をリリース
デジタル広告の全コスト・アドフラウド等による損失を見える化 IASがサービスを提供開始
IASとChannel Factoryが業務提携し、YouTube広告のブランドセーフティ対策を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング