SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイスタイル、中国の短尺動画プラットフォーム「抖音」に「@cosme海外旗艦店」をオープン

 アイスタイルは、連結子会社であるOver The Borderを通じて、中国の短尺動画プラットフォーム「抖音(Douyin)」内に越境EC旗艦店「@cosme海外旗艦店」を出店した。

 さまざまなコンテンツを通じて新規ユーザーにリーチできる「抖音」は、中国の新しい形のECとして注目を集めている。DAU(Daily Active User)は6億を超えており、今後も拡大が見込まれる。

 同社は、2012年から中国での事業を開始。WeiboやWeChat、REDなど、@cosmeのSNSアカウントのフォロワー数は300万超と、大きなブランド認知を獲得している。

 今回出店した「@cosme海外旗艦店」では、ショート動画コンテンツとライブコマースを通じて、認知獲得から販売までを一気通貫で行う。新型コロナウイルスの感染拡大により中国人観光客のインバウンドが激減している中で、中国の生活者と日本の化粧品ブランドの新たな出合いを生み出し、ヒーロ―商品の発掘、トレンドの創出を目指す。

 特にライブコマースにおいては、原宿の@cosme旗艦店「@cosme TOKYO」から、商品提案や接客が得意なスタッフによる商品紹介を配信。ブランド理解につながるコンテンツを発信していく。あわせて、在日中国人KOL(中国のインフルエンサー)との連携も強化していく。

【関連記事】
博報堂とアイスタイル、ビューティ領域のDX推進支援プロジェクトを始動
アイスタイル、「@cosme」のデータベースを可視化へ 新しい化粧品マーケティングの在り方を発表
アイスタイルと資生堂「ワタシプラス」の協業プロジェクトが始動 コト軸でコンテンツ・体験を提供
OPEN8とアイスタイル、エキサイトの3社で動画記事広告「NATIVE TAP」をリリース
アイスタイル、小売店支援事業を開始 ~第一弾は新規・見込み客のO2O支援サービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング