SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アプリ&サイトの開発・設計・デザインはチームラボが担当 森ビルの「ヒルズネットワーク」がリリース

 森ビルは、4月5日よりデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」の提供を開始した。これは、森ビルが管理・運営する“ヒルズ”を利用する居住者・ワーカー・来街者などを対象に、様々なサービスをオンライン上で完結させることで、より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験を実現するもの。

 利用者は、属性、街・施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、一人ひとりに最適化された「街(ヒルズ)」の情報を受け取ることができる。

 チームラボは、「ヒルズネットワーク」のユーザーインターフェースとなる「ヒルズアプリ」および、アプリのリリースにあわせた公式Webサイトのリニューアルにおいて、企画、UI/UX設計、デザイン、開発を担当した。

パーソナライズされたインターフェース

 利用者はホーム画面で自身に関連するサービスにワンタップで到達でき、またホーム画面のフィードには興味関心などの属性や、位置情報をはじめとするシチュエーションに応じた関連性の高いコンテンツが表示される。コンテンツの検索結果や表示される「街(ヒルズ)」の情報などもパーソナライズされる。

利用者とのOne to Oneマーケティングの実現

 利用者の属性やアプリ設定情報、利用状況など、様々な情報をもとにコンテンツの配信対象を設定することができる。プッシュ通知やアプリ内通知、メールなど配信方法の選択も可能だ。

 利用者からの問い合わせなどの一元管理、アンケートフォーム構築の機能も提供し、顧客との様々な形でのコミュニケーションを実現する。

シンプルなモノトーンのデザイン

 シンプルなモノトーンをベースとしたデザインで“ヒルズ”の高級感や洗練されたイメージを表現。グレートーンのバリエーション、グラデーション、角丸やソフトシャドウでスタイリッシュに仕上げ、余白のバランスでコンテンツの視認性を向上している。

【関連記事】
ジェスチャーで操作可能!チームラボ、SNS連動の非接触型インタラクティブ自撮りカメラを設置
チームラボのSNS連動型自撮りサイネージカメラをリゾートウェディング相談カウンターが導入
チームラボ、資生堂ショールームにタッチパネルサイネージを導入 QRコードを読み取り商品の購入が可能
チームラボ、東急リバブル公式サイトにレコメンド機能を導入 独自の画像解析技術を検索に応用
チームラボ、ファッションアプリ「メチャカリ」に“パーソナライズスタイリングAIチャットボット”を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/36003

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング