SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

美容領域のSDGsアクションを拡大!博報堂が「EARTH MALL BEAUTIES」を提供開始

 博報堂は、同社の「博報堂SDGsプロジェクト」において、美容領域における生活者のSDGsアクションを企業とともに広げていくプラットフォーム「未来を変えるキレイを。EARTH MALL BEAUTIES(アースモールビューティーズ)」の提供を開始した。

 同社は、SDGsの達成を「誰もが日常生活で行っているアクションから始めよう」というコンセプトのもと、生活者の行動をSDGsアクションに変えていくプラットフォーム「EARTH MALL」を展開している。

 今回その第3弾として、美容をテーマにしたアクションプラットフォーム「EARTH MALL BEAUTIES」をスタート。生活者が意志を持って化粧品や美容商品を選択できるように、美容に関わる多様なジャンルの企業と協働しながら、生活者が知り、選び、買うことをサポートする機会を創出、提供していく。

 「EARTH MALL BEAUTIES」では、同社が開発した「サステナブルな美容クラスター」を活用していく。これは、独自実施の定量調査をもとに、化粧品などの美容品購買時の環境意識や社会意識を分析し、生活者を5つのクラスターに分類したもの。「アース&カルチャー派」「安心ネイチャー派」「シンプル&ミニマム派」「エコ&スマート派」「メリハリ自己表現派」と名付けたクラスターごとに、購買行動や価値観、社会意識の特徴、構成比などを明らかにしている。

 「サステナブルな美容クラスター」は、企業と協働して取り組むプログラム開発において全面的に活用していくほか、Webサイトで生活者向けの診断コンテンツとして紹介し、日常の買い物のヒントを提供する。

 同社は、美容の意識を変えることで未来を変えていくという目標のもと、「EARTH MALL BEAUTIES」を通じて具体的なアクションを広げていくことで、SDGs達成へ貢献していく。

【関連記事】
SDGsの認知は51.9%と半数を超えるも、意識して行動する人は1割程度【ネオマーケティング調査】
電通、複合材料開発のTBMと業務提携 SDGs達成を目指す顧客企業のビジネスをサポート
博報堂、「博報堂SDGsプロジェクト」を発足 クライアント企業の取り組みを支援へ
電通グループら7社、企業のサステナブル経営を支援する「SDGsビジネスソリューション」を提供 
博報堂とnote、企業・ブランドのパーパスを発信・可視化するサービス提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング