SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソニーデザインコンサルティングとデロイトアナリティクス、「デザイン」認知プロセスの研究を開始

 ソニーデザインコンサルティングとデロイトアナリティクスは、共同で「デザイン」の認知プロセスに関する研究を開始する。

 「デザイン(DESIGN)」という言葉は日本において「意匠」を示すものとして使われることが多い。しかし、英語ではより広義の計画的行為を指すものとして定義されている。

 広義のデザインの利用は、人々のコミュニケーションや異分野に渡るアイデアの結合を促進し、新しいビジネスやサービスを創出する有用なツールとして機能する可能性を秘めている。

 その一方で、デザインは感性的で抽象的な思考プロセスを含んでおり、実態を正確に捉えて記述することに困難が生じる。このような課題の克服に向け、デザインに関わる認知プロセスと脳神経基盤の解明、その応用を目的として共同研究が実施される。

 同研究ではデザインの過程に含まれるさまざまなコミュニケーションやプレゼンテーションを研究対象とし、これらの一連の過程に関わる人の感性を、脳神経科学、実験心理学等で用いられる手法によりデータ化する。

 また、そのデータの機械学習や数理モデルによる分析より得られた知見を利用し、デザイン支援システムを開発することも視野に入れられている。

 なお同研究の発表は各種学会や、情報交換、意見収集などを目的にしたイベントを通して公開される予定。詳細については今後順次発表される。

【関連記事】
アプリ&サイトの開発・設計・デザインはチームラボが担当 森ビルの「ヒルズネットワーク」がリリース
凸版印刷とNeU、認知脳科学に基づいた「顧客への最適なデザイン」開発を目指し共同研究へ
LINE、UIデザインを大幅リニューアル アプリ全体で一貫した体験を提供するためシンプルさを追求
BICPとデコム、with/afterコロナ時代のアイデア開発「ニューノーマル・デザインワーク」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/13 10:27 https://markezine.jp/article/detail/36077

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング