SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生・大学生男女、好きなアニメ作品のためにすることは「グッズ購入」が最多【テスティー調査】

 テスティーは、高校生・大学生の男女1,672名(高校生男性288名、高校生女性345名、大学生男性395名、大学生女性644名)を対象に「アニメ」に関する調査を実施した。

普段からアニメを視聴している人は高校生43.4%、大学生34.4%

 まずアニメの視聴について調査した。結果高校生では89.6%、大学生では88.5%の人がアニメを観ているということがわかった。

 その中で「普段からアニメをよく観る」と回答した人は高校生は43.4%(男性:49.3%、女性:38.6%)、大学生は34.4%(男性:39.0%、女性:31.5%)となった。また視聴頻度を聞いたところ、高校生・大学生ともに「週3~4日ほど」と回答した人が最も多いという結果となった。

好きな作品のためにすることは「グッズ購入」

 好きな作品のために実行したことを聞いたところ、高校生・大学生ともに「グッズを購入する」が最も多く、次いで「映画を観にいく」「原作を購入する」という結果となった。

 次に好きな作品のために行動をする際は単独行動か複数行動かを尋ねた。結果は年代問わず「単独行動」という回答が多く、高校生は60.7%、大学生は67.1%であった。高校生よりも大学生のほうが単独行動する人が多いということがわかった。

【調査概要】
調査期間:2021年4月19日(月)~2021年4月26日(月)
調査項目:
<全体情報>アニメを普段から視聴しているか/アニメを観る際単独か複数か/アニメの視聴頻度/アニメの平均視聴時間/アニメを観るようになったきっかけ/アニメの情報収集媒体/アニメ視聴媒体/利用している有料動画サービス/おすすめのアニメ/好きな作品に対して実行したことがあるもの/聖地巡りの場所/行動しない理由/行動する際は単独か複数か/アニメのために利用する一ヶ月の平均額

【関連記事】
高校生・大学生男女に聞く、SNSで検索後購入した商品やサービスは?【テスティー調査】
FIREBUGとテスティー、YouTube動画広告に特化した「ブランドリフト調査パッケージ」を提供
GoToキャンペーン、認知度は約9割 10代はSNSで旅行先を検索する人が6割以上【テスティー調査】
貯金をしている20代は男女ともに7割以上 資産運用をしている人は微増という結果に【テスティー調査】
高校生・大学生男女、Twitterキャンペーン参加後は「好感度が上がった」と回答【テスティー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング