SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニュースサイト人気No.1はダントツで「Yahoo!ニュース」、視聴率のピークは22時台

 マイボイスコムは、ニュースサイトに関する調査を行い、14,913名(男性6,860名、女性8,053名)から回答を得た。発表された資料によると、「普段どれくらいインターネット上でニュースを見るか」という質問に対しては「1日に1回」が30.7%、「1日に2回以上」が36.0%となっており、1日に1回はニュースをチェックしている人は合わせて66.7%となっている。

 ニュースを閲覧する端末としては、「パソコンを利用することが多い」という人が84.1%と圧倒的で、「携帯電話を利用することが多い」と答えた人は1.6%しかいなかった。また、ニュースをよく見る時間帯としては、昼に「12時台」(21.9%)でピークを迎えたあと、「22時台」(29.4%)をピークとする20時台から23時台が夜のボリュームゾーンとなっている。

インターネットでのニュース閲覧時間帯
※画像は発表資料より転載

 閲覧するニュースのジャンルでは、「社会」が78.6%で最も多く、「スポーツ」「経済」「文化・芸能」が40%台で続いている。最も多く利用するニュースサイトとしては「Yahoo!ニュース」(62.4%)でダントツの人気。「Infoseekニュース」(5.9%)、「アサヒ・コム」(5.2%)、「日経ネット」(4.3%)らを大きく引き離している。

【関連リンク】
リニューアル続出!ポータルサイトに何が起きたのか?その異変に迫る
日経・朝日・読売の読みくらべサイト「あらたにす」オープン
トップページのリニューアル後も「Yahoo!カテゴリ」利用率は世界ダントツ1位、まだまだ根強い「ディレクトリ検索」
Yahoo!JAPANのトップページリニューアルが市場に与える影響は?

マイボイスコムのネット調査「ニュースサイト」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/13 19:15 https://markezine.jp/article/detail/3626

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング