SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACとAcompany、秘密計算を活⽤したプライバシー保護データ分析の実証実験に成功

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下、DAC)とAcompanyは、デジタルマーケティング領域における、「秘密計算」(データを暗号化したまま計算できる技術)を用いたプライバシー保護データ分析の実証実験を実施した。

 結果、パーソナルデータを秘匿したまま統合分析を行うことが可能で、プライバシー保護に有益なことが明らかになった。また併せて、データ分析の精度や速度が実⽤レベルであるとの結果を得た。

 今後両社は、秘密計算を用いたマーケティングデータ分析の手法確立に取り組む。

 実証実験の詳細は以下の通り。

 DACの顧客企業が保有するデータとDACのDMP「AudienceOne」のマーケティングデータに対して、Acompanyの秘密計算ソフトウェア「QuickMPC」を⽤いて暗号化された状態で『データ分析が可能か』、また『従来手法の分析結果と比較し、有効であるか否か』を検証した。さらに、暗号化された状態でのデータ分析結果が実⽤レベルにあるかについても検証を行った。

検証方法
  1. クラウドサーバーに秘密計算環境を構築。
  2. 分析対象のデータセットを、次の通り準備。
  3. 秘密計算環境下で、コンバージョン値と属性・アンケート結果の相関値を計算。対照実験として、通常のローデータによる計算と比較。
検証結果

 ・暗号化された状態でマーケティング分析が可能であることが確認できた。

 ・データの暗号化から分析完了までの処理にかかる時間が数分であることが確認できた。

 ・本実証実験での平均絶対誤差は、下記の表のとおり0.001未満であり、実務レベルにおいても有用であることが証明された(一般的に、相関係数の性質として、絶対誤差が0.001未満であれば実用上問題がないとされている)。

【関連記事】
Legolissが「ZEFR」の販売を開始 動画広告のターゲティング配信をCookieレスで実現
Supershipとオラクルが連携 Cookieレス対応とアドベリフィケーション機能の強化へ
Twitter、広告をアップデート キャンペーン設定を簡易化しCookieレス対策を実施
オプトとGRCSが協業開始 個人情報データの管理およびプライバシー保護の体制構築の支援へ
電通テックとMDIが協業 プライバシー保護に対応したプロモーションサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング