SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日新聞、デジタルマガジン「&」をリブランディング 会員機能の追加や広告メニューの新設も

 朝日新聞社は、同社が運営するウェブマガジン「朝日新聞デジタルマガジン&[and]」(以下、「&」)を2021年5月12日(水)にリブランディングした。

 「&」は、朝日新聞のニュースサイト「朝日新聞デジタル」の中に存在するライフスタイルがテーマのウェブマガジン。2013年に30代後半から40代の女性をターゲットにした「&w」と同年代の男性をターゲットにした「&M」を、2016年に旅のマガジン「&Travel」を創刊した。

 今回のリブランディングで、「&」はサイトデザインとロゴマークを一新。また、既にある3つのマガジンを1つのプラットフォームに統合し、「and」という1つのディレクトリーに集約することでサイト間の回遊性向上を目指す。

刷新されたロゴマーク
刷新された新ロゴマーク

 さらに、同社が提供するサービスを利用するためのオンライン共通ID「朝日ID」を用いた新たな会員制度として「&MEMBER」を創設。非会員でもコンテンツを閲覧することは可能だが、&MEMBERの会員になることで記事のブックマークや連載のフォロー、コメントの書き込みができるようになる。

 また、「&」では広告主向けのコンテンツソリューション「&BRAND VOICE」を新設し、ネイティブ広告のメニューを提供する。

【関連記事】
朝日新聞社、近所がテーマのローカルSNS「地区トーク」を新スタート
朝日新聞社、コンテンツマーケティングソリューションを提供 課題解決からデータ活用まで一気通貫で支援
CA、GOと共同で新聞広告とTwitter広告を組み合わせた広告パッケージの提供を開始
西日本新聞メディアラボ、紙×デジタル統合パッケージサービス「LOCAL SAND」提供
西日本新聞メディアラボ、位置情報連動型スマホ広告サービス「LocAD+」のアップデート版を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング