SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

cookpad storeTV、小売企業へ広告配信プラットフォームを開放

 CookpadTVは、販促DXサイネージ「cookpad storeTV(以下、storeTV)」にて、2021年6月より各スーパーマーケットが独自の広告企画を配信できるよう広告配信プラットフォームを開放するとともに、独自の広告企画を小売企業主導で販売できる仕組み「ADpop」の提供を開始する。

 「storeTV」は料理動画サイネージから販促DXサイネージへの進化を目指し、4月より、小売企業が料理動画以外の情報を自由に発信できるよう、コンテンツの配信プラットフォームを開放している。今回はその第2弾。

 CookpadTVではこれまで、「storeTV」を活用したメーカー広告の配信を自社のみで運営していた。今回の取り組みにより、各小売企業は自社の商品販売計画やキャンペーンなどに合わせて、「storeTV」と売場が連動した広告商品を用意し、取引メーカーへ販売することが可能となる。なお、販売に関しては、三菱食品とも連携し、小売企業主導の広告企画の販売を同社がフルサポートする。

 また、メーカーは、小売企業が売場で展開する商品を確定する6週間前から広告を購入することができるため、店頭と連動したプロモーションを行いやすい仕組みになっている。

 これまでに実施した「ADpop」の広告トライアルにおいて、広告配信週と前週を比較して4倍以上の売上を記録する成功事例が複数生まれているとのこと。

【関連記事】
タクシーのサイドガラスに広告が!2021年6月に「車窓モビリティサイネージサービス」開始へ
ヤマダHD、アドインテと協業 ヤマダデンキの全店舗に棚前デジタルサイネージを設置、広告枠を販売
博報堂プロダクツとセキュア、リテールDX コンソーシアム・ラボを発足 第1弾として無人店舗を開始
電通が「dentsu SX」発足、リテール領域のオンオフ統合の最適ソリューションを提供
ブレインパッドとセキュア、リテール領域の店舗連動型データ活用ソリューションの構築を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/02 13:01 https://markezine.jp/article/detail/36470

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング