SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セールスフォース・ドットコムとデロイトトーマツ、全20週に渡る本格的なCRMトレーニングを無料で提供

 セールスフォース・ドットコムとデロイトトーマツコンサルティングは、共同でDX人材育成プログラム「Pathfinder(パスファインダー)」の提供を開始。6月8日より受講希望者の申し込み受付を開始した。

 同プログラムは、2018年に米国においてセールスフォース・ドットコムとデロイトが共同でスタートしたもの。日本版では、米国での育成実績やノウハウを日本のDXコンサルタントが日本向けにカスタマイズしており、CRMやSalesforceの知見、およびDTCによるビジネススキルを20週かけて集中的に習得できるよう構成されている。

 同プログラムを提供するに当たり、両社は、トライアルとして2020年10月より約3ヵ月間、トライアルグループを対象にビジネススキルトレーニング、技術的知識の習得によるSalesforce認定アドミニストレータ資格の取得支援、演習トレーニングを実施。

 本格稼働するプログラムでは、トライアルで好評を得た「CRM×デジタル」領域のビジネス・技術スキル習得に加え、受講生に学習の成果を活かした新たな活躍の場を提供するキャリア開発支援がなされる。

【プログラム概要】
目的:
第4次産業革命でのキャリアに必要となる技術とビジネススキル習得機会の提供
Salesforceエコシステムでのキャリアを実現するための就業機会の提供

対象者:
就職活動中・転職・再就職を検討中の人
IT未経験からキャリアチェンジを目指す人
CRM・クラウドといった新たな技術・スキルを身に付けたい人

プログラム内容:
全20週、各週7~10時間、累計約150時間の学習時
間オンライン中心の学習環境
Salesforce認定アドミニストレータ資格取得支援
演習形式で実践的な経験を積む総合演習
卒業生の新たなキャリアをサポートするキャリア開発支援

募集人数:100名

【関連記事】
WACUL、マーケティングDX促進のための「人材研修」提供へ BtoB企業向けオンライン研修から開始
ビービット、「UXインテリジェンス協会」を設立 情報発信や方法論の確立、人材育成の実施へ
博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、DACがDX推進人材のキャリア採用開始
アライドアーキテクツ、デジタルマーケティングの人材育成・シェアリング事業を展開する新会社を設立
ヤマトHD、経営層含むデジタル人材育成を目指し「Yamato Digital Academy」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/08 15:00 https://markezine.jp/article/detail/36512

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング