SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトナル、音声アドネットワーク「ポッドキャストオーディオアド」の提供を開始

 6月10日、オトナルは、デジタル音声広告アドネットワーク「ポッドキャストオーディオアド」の販売を開始した。

 大手パブリッシャーの展開する複数のポッドキャスト番組に対して音声広告配信が可能。Apple podcastsやAmazon Music、Google podcasts、Spotifyなどポッドキャストを聴くことができるプラットフォームに、アドサーバーから広告を挿入した音声コンテンツを配信できる。

 ポッドキャスト番組への広告配信では、番組側があらかじめ用意している音声広告枠(プレロール、ミッドロール、ポストロール)に対して音声広告が挿入される。

 同アドネットワークの配信番組には、大手ラジオ局、新聞社の番組が参加しており、国内ポッドキャストランキング上位の番組に対して広告配信を行える。広告主様はオーディオアド配信対象番組の中から自社やブランドにあった配信番組やカテゴリーを選択して配信が可能。

 またポッドキャスト広告への配信結果はレポーティングでき、オプションとして特定のウェブサイトへのサイト訪問計測や、アプリインストールの計測にも対応している。

 なお、買い付け方法はアドネットワーク経由とDSP経由の2種。プログラマティック買い付けに対応しているDSPは次の通りで、今後も増加予定。

  • Display&Video360
  • The Trade Desk
  • PORTO(接続予定)
  • MarketOne/Brand View Ads(接続予定) ほか

 ポッドキャストは世界的に広告市場が拡大しており、米国のポッドキャスト広告市場は2020年には850億円(※1)を突破している。

 日本国内においても、朝日新聞社との同社の共同調査(※2)では、ポッドキャストは国内の7人に1人が毎月利用するデジタルメディアとなっており、そのうちの半数近くの47%が1年以内にポッドキャストを使用し始めたユーザーであるなど、成長が見込まれている。

※1:IAB「U.S. Podcast Advertising Revenue Study Full-Year 2020 Results & 2021-2023 Growth Projections」調べ。

※2:株式会社オトナル/株式会社朝日新聞社『PODCAST REPORT IN JAPAN ポッドキャスト国内利用実態調査2020』。

【関連記事】
音声広告とバナー広告の組み合わせで認知は非接触者の8.3倍に【ADK MS調査】
約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも【トレンダーズ調査】
リクルートの「SUUMO」、インタラクティブ音声広告を開始 音声回答から広告への興味有無を識別
オトナルとコエステ、AI・音声合成技術を活用した音声広告配信サービスを開始 音声の量産を可能に
エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング