SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネオマーケティング、ブランド想起を獲得する「エボークトセット戦略コンサルティングサービス」を開始

 ネオマーケティングは、早稲田大学のマーケティング研究者である恩藏直人氏と共同研究プロジェクトを発足し開発した調査スキーム、エボークトセット調査を活用したコンサルティングサービスの提供を開始した。

エボークトセット戦略サービス全体像

エボークトセット戦略サービス全体像

 エボークトセット調査とは、ブランド・カテゴライゼーションにおける認知(Awareness Set=アウェアネスセット)、購入(Evoked Set:エボークトセット)に、ネオマーケティングの独自指標である奨励(Recommend Set:レコメンドセット)を組み合わせたブランディング活動を測定する調査手法だ。

 エボークトセット戦略コンサルティングサービスでは、エボークトセット調査だけではなくTwitter・Instagramを中心に、SNS上でブランドがどのように発信されているかを把握し、情報発信のキーパーソンをみつけ、コミュニケーション戦略策定に活かせる。コミュニケーションプラン策定までのスキームを以下の通り。

1.エボークトセット調査の実施
購買率・ブランド浸透度・ブランドイメージ・カテゴリーエントリーポイントの把握

2.SNS分析設定
ブランド・カテゴリーエントリーポイントにおいて共起されているキーワードやボリュームを分析し情報発信におけるキーパーソンを特定

3.カテゴリーエントリーポイント(CEP)調査
フォーカスするCEPと共起されるブランドを測定・CEPとカテゴリーの共感度の測定

4.コミュニケーションマニュアルの作成
情報キーパーソン・狙うべきCEPなどを整理し誰に何をどのように伝えるか設定

5.施策実行

【関連記事】
ネオマーケティング、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場へ上場
SNSで参考にするのは「企業公式アカウント」や「親族・親しい友人」の発信【ネオマーケティング調査】
新型コロナ感染拡大後のBtoBマーケ、効果が上がった施策はウェビナー【ネオマーケティング調査】
Clubhouseの認知率は4割程度/「人との交流」を目的に利用【ネオマーケティング調査】
ECサイト運用、最も課題に感じているのは「新規顧客獲得」【ネオマーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/11 17:30 https://markezine.jp/article/detail/36551

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング