SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YAMAP、トレイルランナーの位置情報を集約・可視化、大会の安全を支援するトラッキングシステム提供

 登山アプリ・Webサービス「YAMAP」を運営するヤマップは、トレイルラン(以下、トレラン)選手の位置情報を集約・可視化し、トレラン大会の安全な運営を支援する「YAMAPトラッキングシステム」の提供を開始する。

 同サービスは、電波の届かない山の中でも現在地がわかる「大会専用のコース地図」と、選手の位置情報が分かる「トラッキングシステム」をセットで提供するもの。

 トレラン大会の主催者は選手の位置を一覧表示した画面を確認し、有事の際、迅速で適切な救助活動を行える。

実際の画面
実際の画面

 同社では2020年8月より、サービスを国内10大会で先行導入。実地調査から得た様々な声をサービスに反映し、改良を重ねてきた。

 また先月22日、中国・甘粛省で行われたトレラン大会での死亡事故を受け、国内でも不測の事態を踏まえた、より一層の取り組みを求める動きが広がりつつあることから、正式にサービス提供を開始するに至った。

 あわせて、リアルでの大会開催中止を背景に「バーチャルレース」の機会が増えていることから、主催者のバーチャル大会開催をサポートする「YAMAPバーチャルレースサポーター」の提供も開始した。

 「大会専用のコース地図」を提供し、指定期間中にいつでもレースに参加できるようにすることで、選手はリアルレースのようにトレランを楽しめる。また、ランナーの計測した記録をもとに、リザルトの集計も可能。

【関連記事】
電通、IoT家電のデータを活用したソリューション提供 第一弾として広告配信と効果検証可能に
Spotify、リスニングデータに基づく聴取傾向分析機能/友人と共通のプレイリスト作成機能を提供へ
コネヒト、ママ向けアプリの投稿データをインサイトの把握につなげる「家族ノート」を提供開始
サンリオ、アプリブランド「サンリオデイリーアップス」開始。第一弾はマネーフォワード、あすけん
日本コカ・コーラ、アプリ「Coke ON」で自動販売機のサブスクリプションサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/18 16:30 https://markezine.jp/article/detail/36604

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング