SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BASEから簡単にクラウドファンディングのプロジェクト作成ができる「CAMPFIRE連携 App」

 7月6日、ネットショップ作成サービス「BASE」は、クラウドファンディング「CAMPFIRE」とアカウント情報を連携し、BASEアカウントからCAMPFIREアカウントへ簡易ログインを可能にする「CAMPFIRE連携 App」の提供を開始した。

 これにより、CAMPFIREの新規登録の際に生じる情報入力の手間を省き、簡単にクラウドファンディングのプロジェクトを作成して公開することが可能となる。

 また今後、アカウント連携を活かし、BASE加盟店の商品情報等をCAMPFIREのプロジェクトページ上に露出させることができる機能の追加などが予定されている。

 BASE社とCAMPFIRE社は、2020年11月13日に資本業務提携の締結を発表し、サービスの垣根を超えて相互利用できる体制構築や機能開発を進めてきた。

 特にBASEを利用している個人やスモールチームは、既存の金融機関等の利用が難しく資金調達の手段が限られている。BASE加盟店がCAMPFIREのクラウドファンディングでプロジェクトを実施するハードルを下げることで、新商品開発やイベント開催など、新たな挑戦ができるように機能面でサポートすることを目的に同機能を提供するに至った。

【関連記事】
CAMPFIREとパルコ、PJ成立後の販路獲得サポートサービス開始 販路獲得率20%を目指す
CAMPFIREら3社、テレビとクラウドファンディングつなげる番組「ミライノ見取り図」開始
BASE、1年で新規に50万ショップ開設 急速なEC需要の高まり背景に累計150万ショップ突破
BASE、Googleショッピング広告へ掲載する機能「Google 商品連携 App」の提供を開始 
BASE、noteと資本業務提携を締結 両サービスの行き来をスムーズにする機能開発を共同で進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/06 17:45 https://markezine.jp/article/detail/36726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング