SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オイシックス・ラ・大地、食品ロス解決商品の販売を開始 3年以内に20億円超のマーケット目指す

 オイシックス・ラ・大地は、これまで製造の過程で廃棄されてきた原料を、アップサイクル商品(れまで捨てられていたものに付加価値をつけ、アップグレードした商品)として販売する食品ロス解決サービス「Upcycle by Oisix」を7月8日より開始する。

 これは環境問題対策として2020年に発表した同社のグリーンシフト戦略の一環。

 第1弾として、冷凍ブロッコリーのカット工場で花蕾をカットしたあとに残る茎を活用した「ここも食べられるチップス ブロッコリーの茎」、大根の漬物工場で廃棄されてきた大根の皮を使った「ここも食べられるチップス だいこんの皮」を発売する。

 同社契約工場の一つである農業生産法人 グリーンリーフでは、同社商品の他、様々な企業の商品製造過程で大根の皮が廃棄されていた。こうした廃棄処分見込みの素材を活用した商品の提供で、月間約2トン以上のフードロス削減につながる見込み。

 今後も、自社オリジナルのアップサイクル商品開発で、3年後には年間約500トン、当社商品製造に関わる提携先100社の食品ロス削減を目指す。

 同社ではこれまでも、需要予測・生産・製造管理の徹底、規格外の野菜を積極的にミールキット「Kit Oisix」に活用し、畑のロスを大幅に削減するなど、食品ロス削減につながる活動を進めてきた。

 今回、食品ロス削減取組の対象を当社PB商品製造委託および原料仕入先の約1,700の提携工場に拡げ、商品製造・加工の過程で出る廃棄食材も対象に加えることで、サプライチェーン全体での食品ロス削減に取り組む。

【関連記事】
LM、16.5万人の「サステナブルパネル」活用サービス開始 SDGsに対する意識・行動調査可能に
SHIBUYA109 lab.と三井物産アイ・ファッション、SDGsをテーマに共同プロジェクトを発足
博報堂、美容領域における「SDGs時代に求められる4つの美しさ」を発表
プラチナム、パートナー企業のESG/SDGs価値向上・SXを支援するサービスの本格提供を開始
SDGsの認知は51.9%と半数を超えるも、意識して行動する人は1割程度【ネオマーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/06 18:00 https://markezine.jp/article/detail/36727

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング