SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新潟県三条市、ビズリーチでCMOを公募 ふるさと納税の取り組みを通し魅力発信と寄付増額狙う

 新潟県三条市は、転職サイト「ビズリーチ」において、2021年7月9日から8月5日まで、ふるさと納税の戦略立案・実行を一気通貫で行う最高マーケティング責任者(CMO)を公募する。

 同市はふるさと納税において2020年度に約7億円の寄付があり対前年比で2.5倍の伸長があった。2022年度には25億円の寄付を目標に掲げるが、現状の取り組みだけでは目標達成が難しい状況にある。

 課題として、全国に誇れる食材や製品を返礼品として活かしきれていない点、古民家やアウトドア体験といった、地域の魅力を体感できるコンテンツの十分な訴求・発信ができていない点などがあげられる。

 そのため、マーケティングの専門知識をもって地域の魅力の発掘・発信につなげていく必要があるが、市役所内ではマーケティングの専門知識をもった人材が不足している。そこで、民間企業で培われたマーケティング知見をもつプロフェッショナル人材の登用を試みるに至った。

 同市CMOは市長の直轄ポジションとして、ふるさと納税推進に関する統括、効果的な組織づくりが一任される。また市のブランド価値を向上させる企画立案も業務内容に含まれる。

 市長の滝沢亮氏は「今回の人材公募で登用する最高マーケティング責任者の方には、三条市の魅力を発掘していただき、三条市のふるさと納税の取り組みを一から考え、実践することをお願いしたいと考えています。必要であれば専任チームをつくるなど、組織づくりや運営も含めて一緒に取り組んでいただきたいと考えています」と述べている。

【関連記事】
フラー 、アルビレックス新潟のデジタル推進を支援 スマホアプリ開発と5G活用で新たな観戦体験を創出
博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、DACがDX推進人材のキャリア採用開始
マーケティング課題発掘から組織設計まで支援!「レンタルPM/CMOサービス」リリース
BuzzJob、SNSマーケ・デジタルマーケ人材に特化した転職エージェントサービスを開始
WACUL、マーケティングDX促進のための「人材研修」提供へ BtoB企業向けオンライン研修から開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/09 18:17 https://markezine.jp/article/detail/36759

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング