SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

比較・検討層へのリーチと獲得を実現!エン転職のレスポンシブ検索広告活用法

 エン・ジャパンでデジタル広告の運用を担当する土屋氏は、同社運営転職サイト「エン転職」の会員獲得数を伸ばすために、Yahoo!広告の見直しを実施。アカウント構造の見直しや比較・検討層向けのリーチを目的としたレスポンシブ検索広告の導入などを進めてきた。本取材では、土屋氏にその詳細と成果を聞いた。

上位ファネルへの訴求にレスポンシブ検索広告を活用

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、「エン転職」が抱えていた課題について教えてください。

土屋:エン転職では、認知から獲得までフルファネルでマーケティングを展開する中で、下位ファネルの検索連動型広告が大きな柱となっています。課題は2つあり、1つ目はインハウスで運用しているYahoo!広告で、検索連動型広告のアカウント構造が複雑になっていたこと。2つ目は、新規ユーザーの獲得を拡大するためには、上位ファネルへのさらなるアプローチが必要だと感じていたことです。

エン・ジャパン株式会社 デジタルプロダクト開発本部 プロモーション部 土屋 杏樹氏
エン・ジャパン株式会社 デジタルプロダクト開発本部 デジタルマーケティング部 プロモーショングループ
土屋 杏樹氏

MZ:では、どのような施策を展開したのか教えてください。

土屋:まず、アカウント構造をヤフーが推奨している形に整理するところから始めました。そして、「Yahoo!広告 検索広告 レスポンシブ検索広告(以下、レスポンシブ検索広告)」をヤフーの担当者から提案いただき導入しました。導入の理由としては、レスポンシブ検索広告だと社名やサービス名など、様々な訴求軸を組み合わせてアプローチすることができるので、上位ファネルの比較・検討層へのアプローチに向いているとお聞きしたからです。

 そのため、レスポンシブ検索広告を運用しながら比較・検討層に興味を持ってもらえそうな様々な訴求と社名、サービス名をアセットとして追加し、検索キーワードと関連性の高い広告配信を進めました。

導入時、導入後に気を付けるべきこと

MZ:レスポンシブ検索広告の活用を進めていく中で、重要だと感じたポイントはありますか。

土屋:導入時と導入後でそれぞれ重要なポイントがあります。まず導入時に重要なのが、アカウント構造の見直しと自動入札の導入です。アカウント構造の見直しに関しては、配信の最適化と適切な評価を行うためには、ヤフーが提唱するアカウント構造に整理する必要があったため、広告グループの統合などを行いました。

 自動入札の導入に関しては、エン転職の出稿目的を鑑みた場合「コンバージョン単価の目標値をもとにコンバージョン数を最大化していく、自動入札タイプへの設定を推奨する」と伺ったので、それを採用しました。ここまでが導入時に行うべきだと感じた点です。

 レスポンシブ検索広告を導入する以前からこの2つを進めていたことで、導入後に効果を最大化できたのだと思います。

 導入後に関しては、マッチタイプ『部分一致』や『フレーズ一致』の活用によるマッチタイプの拡大が非常に重要だと感じています。完全一致キーワードで配信しているとリーチの拡大が見込めません。そのため、マッチタイプを拡大することにより、新規検索クエリーへのリーチができる状態に整備しました。

レスポンシブ検索広告の導入ステップ

次のページ
導入後はCV獲得数2倍、CTRも向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37080

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング