SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イー・エージェンシー、新世代のCDP「D-Lenz」提供開始

 イー・エージェンシーは、デジタルマーケティングの実績や知見をもとに、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)「D-Lenz」を開発。10月7日より提供を開始した。同社は2022年9月末までに50社への導入を目指す。

 「D-Lenz」は、顧客データや問い合わせデータなどの様々なマーケティングデータを統合し、顧客の分析及びセグメント作成、統合データのマーケティング施策への連携を一気通貫で実現するもの。

 一般的なCDPとは異なり、D-Lenz上でメール配信やLINE配信など具体的なマーケティング施策を一気通貫で実行可能。これにより、ナーチャリングや売上拡大に直接貢献する。

 また、複数に分かれていた既存ツールをひとつにまとめられるためコスト削減・業務効率化など投資対効果も期待できる。

 また、Google Cloudの主要サービスの一つ「BigQuery」を基盤として構築されているため、企業が使用しているGoogle AnalyticsやLookerはもちろん、その他各種Googleサービスと容易に連携し、機能を拡張可能。さらに、ノーコードで利用可能なためマーケティング担当者がデータ統合や抽出、分析を行える。

【関連記事】
UNCOVER TRUTHと日本ユニシス、CDP検討支援サービスを提供開始 統合進行中の企業も支援
DACとトレジャーデータ、パートナーシップ契約を締結 企業のCDP導入をトータルサポート
KIYONOの顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」と「Zoho」がAPI連携を開始
CCI、Cookieレス対応のデジタルコミュニケーション戦略を支援する「Data Dig」提供
オプト、統合データ活用プラットフォームサービスを開始 企業のCookieレス対応を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/13 15:30 https://markezine.jp/article/detail/37508

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング