SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Autumn(PR)

9割の顧客のCVR改善に貢献するSprocketに学ぶ、Web接客の極意

 SprocketはWeb接客プラットフォームとコンサルティングの提供を通じて、様々な企業のWebサイトの顧客体験を改善してきた。中でも効果を上げているのが、“Web接客”の考え方でシナリオ設計した施策の提案だ。CEOの深田浩嗣氏は、2021年9月8日の「MarkeZine Day 2021 Autumn」に登壇。「Web接客とは、ユーザーのつまずきを解消することだ」と語り、そのシナリオの組み立て方を事例と共に紹介した。

Web接客とは“フリクション=顧客がつまずくもの”の解消

 ECサイトを持つアパレルや化粧品、Web申し込みや問い合わせの発生する証券、銀行、教育など様々な企業の支援を手がけるSprocket。同社は多様なサービスを提供しているが、その中でもWeb接客によってユーザーの行動に変化を促し、コンバージョンを最適化することで大きな成果を上げている。

 このWeb接客とは、パーソナライゼーションとA/Bテスト、行動分析の3つを組み合わせて行っていくこと。近しいサービスは他にもたくさんあるが、効果的な施策に落とし込むためのシナリオ作りの秀逸さで、同社は成果を上げてきたという。

 「弊社ではユーザーがWebサイトを利用する上でつまずいてしまう要素を “フリクション”と呼んでいます。フリクションが積み重なると離脱要因となるため、いかにそれらをなくしていくかが重要です。また、こうしたフリクションが起きる背景を、セルフサービス問題と呼んでいます」(深田氏)

株式会社Sprocket  CEO 深田 浩嗣氏
株式会社Sprocket  CEO 深田 浩嗣氏

 Webサイト運営者とユーザーにとっての当たり前には、意外と乖離がある。たとえば、ハンバーガーメニューと呼ばれる三本線のアイコンはWebサイトの表現として一般的だが、知らない人も多い。深田氏は「特にここ1~2年はコロナ禍によってWebサイトに不慣れなユーザーの利用も増えてきた」と語り、コロナ禍でフリクションの増加が起きていることを指摘した。

 Sprocketでは、ECサイトのハンバーガーメニューに解説の吹き出しを付けることで、購入完了の改善率を125%にアップさせたという。

 また、デジタルネイティブと呼ばれる世代だからこそのセルフサービス問題もある。彼らは、TikTokやYouTubeなど自動的にコンテンツがレコメンドされるサービスをよく利用しているため、Webサイトの利用に対しても受動的になっている場合がある。文字を読んだり、コンテンツを能動的に選んだりするのが面倒くさいと感じることから、離脱につながってしまうのだ。

 このような課題に対し深田氏は「実店舗の接客を参考にするのが重要」だと語る。

 「実店舗では、店員がお客様の様子を見て『何かお困りですか?』といった質問や案内をすることで、お客様で自己解決できないことに対処しています。Webサイトでも積極的にユーザーとコミュニケーションをとることで、問題を解消していくことが本来の接客の価値ではないかと思います」(深田氏)

 たとえば、同社が手がけた某カード会社のリボ払いサービスを訴求する事例では、利用明細を見に来たユーザーのうち、リボ払いに未入会でその月の利用額が多い人に向けて、「リボ払いのサービスはご存知ですか?」という案内を表示した。

 また同社は、リボ払いに関する詳細情報がある場所を探さず見つけられるように設計し、離脱を防いだという。この施策によって、リボ払いの登録率が2.5倍まで増加したという。

次のページ
よくあるフリクション1:どこへ行けばいいかわからない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2021 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37549

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング