SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クオン、漫画×SNSマーケのwwwaapと経営統合 クリエイターエコノミー企業「Minto」へ

 10月20日、キャラクタービジネスを展開するクオンと、アニメ・漫画クリエイターを活用したSNSマーケティング事業を展開するwwwaap(ワープ)が経営統合を発表した。2021年12月に経営統合が完了予定で、経営統合後の新社名は株式会社Minto(ミント)となる。

 本統合により、以下、3つの軸でクリエイターの才能を拡張する事業が展開される。

 1)クリエイターの活動領域を広げる、テクノロジー活用
 「ブロックチェーン」「NFT」領域でクリエイター向けプロダクトの提供やコンテンツビジネスを推進し。

 2)コンテンツ(IP)を世界へ届ける、グローバル展開
 世界のプラットフォーマーと連携し、クリエイターと共創して、Webtoon等のコンテンツを展開。また、中国およびアジア圏でのIPグッズ・ライセンスビジネス事業を拡大する。

 3)マネタイズ支援
 創作活動を続ける上で最大の課題がマネタイズだ。SNS上でのブランド広告コンテンツ化の事業を推進。クリエイターの収益化を支援し、創作活動の基盤作りに貢献する。

 YouTubeをはじめとしたプラットフォームの勃興に合わせ、個人クリエイターの影響力が増している。米国では「クリエイターエコノミー」=クリエイターが展開するビジネスやそれを支援する企業・ツール、そしてこれらが形成している経済圏が注目され、市場規模も拡大している。

 一方、日本では今後成長が期待されている分野であり、日本のクリエイターエコノミーでは、漫画・アニメ・キャラクター等のコンテンツを生み出すクリエイターの収益化・発信力の進化が期待されている。

 この環境下において、キャラクターの創出と海外プロデュースに強み持つクオンと、アニメ・漫画クリエイターのネットワークを保有するwwwaapがシナジーを発揮し共に事業を行うことで、日本独自のクリエイターの活躍機会を創出し続けたいという考えから、今回の経営統合が実現した。

クオンが創出したキャラクター例
クオンが創出したキャラクター例

【関連記事】
クオン、Twitter Japanとの広告メニュー「キャラフルエンサー」で体験型リッチアドを提供開始
電通、クオンと業務提携 イベントを起点にファンコミュニティを形成する「echo」を開発
朝日放送グループとクオンが業務提携 キャラクターを活用したマーケティング支援を東南アジアで強化
サイバー・バズ、wwwaapと連携し「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」の提供を開始
wwwaap、アーティストや企業キャラクターを企画・制作する「キャラクタープロデュース事業」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/20 11:30 https://markezine.jp/article/detail/37586

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング