SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイカ、広告効果分析ツールにブランディング広告の売上効果を可視化できる機能を追加

 サイカは2021年11月12日より、広告効果分析ツール「ADVA MAGELLAN(アドバ マゼラン)」に、テレビCMなどのブランディング広告が売上に与える効果を可視化する「ブランド・エクイティ分析機能」を実装した。

 同機能により、テレビCMなどのブランディング広告のブランド蓄積効果が明らかになる。これにより、企業は短期的な視点だけではなく、中長期的な視点で重点的に取り組むべき施策がわかる。その結果、持続的に事業成長をするための、ブランディング広告(中長期的な投資)と獲得型広告(短期的な投資)の最適化がしやすくなる。

 先行して同機能をテスト導入した大手飲料メーカーは分析を行った結果、テレビCMの蓄積されていく売上貢献が判明。分析適用前と比較して+55%の効果があった。

ブランド・エクイティ分析機能の導入事例

【関連記事】
テレビCMの広告効果に影響を及ぼす4つの要素を可視化【サイカ・フジテレビ調査】
オン/オフ統合マーケティングを一気通貫で支援へ フルスピードとサイカが業務提携
サイカとGMO NIKKOが業務提携 企業のオン/オフ統合マーケティングの一貫した支援へ
サイカ、脳波解析とデータサイエンスでテレビCMのクリエイティブ効果を可視化するサービス提供
Cookie等を用いたユーザー行動分析、日常的な実施者の割合が前年から10.5%減少【サイカ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/16 18:45 https://markezine.jp/article/detail/37768

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング