SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年、一番読まれた電子書籍は『東京卍リベンジャーズ』【BookLive調査】

 凸版印刷のグループ会社であるBookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、独自に集計した「2021年 年間ランキング」を発表した。

 2021年の年間ランキング総合1位は『東京卍リベンジャーズ』であった。

 上半期ランキング1位だった『呪術廻戦』をおさえトップに浮上した同作は、2021年4月のアニメ放送をきっかけに人気に火が点き、その後7月に北村匠海、山田裕貴らが出演の実写映画公開で大ヒットとなった。

 タイムリープが引き起こす先の読めないサスペンス的な展開に加え、マイキーやドラケンをはじめとする魅力的な不良少年たちのキャラクター性にも注目が集まった。少年マンガジャンルでありながらブックライブでは女性の購入者が約4割を占めるなど、男女ともに人気の高い作品だ。

 また西洋ファンタジー風の「異世界ファンタジー×恋愛」ジャンルが女性向けマンガで人気が上昇。3位の『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』に続き、5位『間違いで求婚された女は一年後離縁される』がランクインを果たした。

 その他、各ジャンルのTOP10は以下の通り。

【調査概要】
総合電子書籍ストア「ブックライブ」調べ
集計期間:2021年1月1日~2021年11月7日

【関連記事】
2021年4~9月、Instagramトレンドのグルメ部門1位は「#チーズ」【パスチャー調査】
2021年第3四半期、視聴誘引力と認知率の高いタレント1位は?【タレントパワーランキング】
2021年上半期、最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】
2021年上半期に販売苦戦したもの1位はうがい薬 45%減もコロナ前より大きく伸長【インテージ調査】
2021年下半期は「INI」に注目!10代のトレンド予測&上半期のランキング【memedays調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/02 15:45 https://markezine.jp/article/detail/37851

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング