SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界三大広告賞で二冠達成、ユニクロのキャンペーンサイト「UNIQLOCK」

 ユニクロのプロモーションサイト「UNIQLOCK」のコンセプトは、言葉を必要としないコミュニケーションを象徴する「MUSIC×DANCE×CLOCK」。サイトでは、ユニクロの新商品を見につけた女性たち「UNIQLOCKガールズ」がクールな表情で、延々と踊り続ける映像を見ることができるほか、オリジナルブログパーツ「UNIQLOCK」を配布。ユーザー数やその所在国を世界地図上に表示してエンタテイメント化したコンテンツを提供している。

ユニクロの商品を見につけて踊り続ける「UNIQLOガールズ」
そのダンスシーンはコンテンポラリーダンスやアートシーンの影響を感じさせる

 キャンペーンは、2007年6月を第一弾として、2007年秋に続いて2008年春から第三弾を展開中。回を重ねるごとにサイトの機能は進化し、キャンペーンはSNS「MySpace」やモバイルなどへも広がっている。また、「UNIQLOCKガールズ」には新メンバーが加わり、アニメーションキャラクターも登場。2008年4月時点の視聴数は1億を超えているという。

配布された「UNIQLOCK」ブログパーツ
世界地図上に表示された、ブログパーツのユーザー数

 この「UNIQLOCK」は広告業界でも高く評価され、世界三大広告賞といわれる“One Show”、“CLIO AWARDS”、“Cannes Lions”のうち、今回“CLIO AWARDS”の2008年インタラクティブ部門でグランプリを受賞。“One Show(ワンショウ)”のインタラクティブ部門グランプリとあわせて二冠達成となった。

 「UNIQLOCK」のプロジェクトには、第1回から同じメンバーが携わっている。企画制作は、Projector Inc.、Paragraph、Monster Films。田中耕一郎(プランナー/クリエイティブディレクター)、長崎義昭(クリエイティブディレクター)、羽鳥貴晴/小島宏之(プロデューサー)、児島裕一(プランナー/ディレクター)、杉原崇之(アートディレクター)、佐藤幸雄/戸崎啓一(インタラクティブデザイナー)。音楽は、Fantastic Plastic Machine、ダンスは「振付稼業air:man」が担当。

 計算されたシンプルさと女性たちの躍動感、ウェブならではのダイナミックな表現とインタラクティビティ。「UNIQLOCK」は世界的なブランド「UNIQLO」のイメージを、見る人に強く印象づけることに成功している。

【関連記事】
ユニクロ、気になる「ブラトップ」の着心地を女性たちの声で表現するキャンペーンサイトを公開
ユニクロのロゴで遊ぼう!「UNIQLO GRID」オープン
ユニクロのキャンペーン「UNIQLOCK」が、195ヵ国で視聴数3,000万を達成
ユニクロが12月にパリ第1号店をオープン、「フランスに最適化されたユニクロ」を追求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/26 15:55 https://markezine.jp/article/detail/3793

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング