SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

UUUM、マネジメント企業からビジネス共創企業へ 中期戦略「インフルエンサー・ギャラクシー事業」

 12月16日、UUUMはUUUM中期戦略「インフルエンサー・ギャラクシー事業」の詳細を発表した。これまで新しい専属クリエイターの獲得とマネジメントを主戦略としていたが、今後は所属内外のクリエイター・インフルエンサーとのビジネス共創企業へと舵を切る。

 同社は10月14日にクリエイタービジネスの戦略方針を転換し、「インフルエンサー・ギャラクシー事業」として進めていくことを報告していた。これまで、同社のクリエイタービジネス戦略は新しい専属クリエイターの獲得と多岐に渡るサポートを提供に主眼が置かれていた。その背景には、創業当時におけるクリエイターの社会的な認知度の低さや、活動拡大のための様々な課題の存在がある。

 一方、現在、クリエイターの認知度や社会的地位は向上し、活動の幅も広がっている。また、クリエイターのニーズや目指す方向も多様化している。さらに、多くの個人がインフルエンサーとして自らのメディアで発信するようになり、UUUMにおいても、他事務所との業務提携等を通じて様々な個人との接点が増えている。

 この環境の変化を受け、同社は専属クリエイターに対して日常的なマネジメントサポートを超えて、各クリエイターが目指す世界観を活かしたビジネスを共創していくことを目指す。

 具体的な変化のひとつとして、マネジメントの質を一層強化する一方で、マネジメント対象を「ビジネスを共創できるポテンシャルが高いクリエイター」と再定義。マネジメント対象のクリエイター数を絞り、クリエイターとのビジネス共創に社内リソースをより注力できる体制に会社全体をシフトさせていく。

 それに伴い、2021年12月現在、専属契約している約300組のクリエイターのうち、約半数は、2022年春頃を目処に順次、ネットワーク契約として新たな取り組み形態へと切り換える。

 また、今後は所属外のインフルエンサーとの取り組みも強化し、所属内外問わず、インフルエンサーをサポートし、ビジネス共創を実現するインフラとしての地位確立を目指す。

 他方、UUUMネットワーククリエイター向けに提供しているCREAS(クリエイターサポートプラットフォーム)については、今後もオンライン上で完結する機能の強化や、MCN(マルチチャンネルネットワーク)としてのコンテンツ管理機能やチャンネルの成長を支援する機能を拡充していく方針。

 なお、体制変更に伴い社内リソースの最適化を推進。全体の人員数を拡大せずにアドセンス以外の業績の伸長を目指す。

【関連記事】
UUUM、執行役員に元ByteDance副社長 西田真樹氏が就任
UUUMとAnyMind、SNSデータ分析を活用したマーケティングプラットフォームを提供
トレンダーズとTwitter、インフルエンサー投稿と広告を合わせたパッケージプランなどを開始
BitStar、インフルエンサーを活用したYouTube動画制作プランの提供を開始
年末商戦に日米マーケターの約7割がインフルエンサーを起用予定、消費者は懐疑的【Sitecore調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/16 17:00 https://markezine.jp/article/detail/37988

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング