SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JX通信社、UGC投稿を購買ステータスで分類できる「購買ステータス」機能の提供を開始

 JX通信社は、ソーシャルリスニング型マーケティングリサーチ「FASTALERT for Marketing」にて、購買ステータス機能の提供を開始した。

 同機能はUGCを「購買計画者」「購買者」「購買経験者」などに分類するもの。これにより、日別に推移を追うことで、プロモーション開始何日後から「購買計画者」の投稿が増えたかを可視化できる。また、UGCのうち「購買者」に絞り込み、売上との相関を見ることで、UGCの重要性を伝えるレポートを作成することもでき、実際の購買トレンドと比較することが可能となる。

 SNS上のUGCが商品・サービスの売上にも影響を与えるようになった昨今、ソーシャルリスニングを通じたUGC投稿数の可視化はデジタルマーケティングの重要な業務の1つだ。

 一方で投稿の詳細を確認すると、単に商品・サービスに言及しただけなのか、それとも今まさに商品・サービスを体験している最中なのか、同じ1件の投稿でも重みは全く違う。投稿数と売上が連動しない場合も多く、UGCの重要性を立証する難しさを感じているマーケターも多い。

 このような背景を踏まえ、同社は購買ステータス機能を開発した。

【関連記事】
JX通信社、UGCを収集し消費者の態度変容を明らかにする「ロイヤルカスタマージャーニー」を開発
REGALI、ECサイトにInstagramのUGCを活用するサービスを開始 注文率・滞在時間が向上
アライドアーキテクツのLetro、UGCにユーザーの属性を表示させる「リッチ表示機能」を追加
ホットリンク、Instagram運用におけるデータ分析サービスを提供開始 UGC活用をサポート
TikTok、UGCを生み出す方法をまとめた「TikTok #Challenge Tips」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/14 13:30 https://markezine.jp/article/detail/38120

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング