SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本旅行と「REDEE」、シニアマーケットのeスポーツ事業を開発 「誰ひとり取り残さない」社会目指す

 日本旅行は、のデジタル教育施設「REDEE(レディー)」と、eスポーツ事業に関するコンサルタント契約を締結した。今後両社は、シニアマーケットにおけるeスポーツ領域の活用を推進し、社会問題化しているデジタルデバイドを解消する取り組みを共同で展開していく。

 同社は、従来型の旅行代理店業から、顧客と地域の課題解決に貢献するソリューション事業への転換を進めている。長年の旅行業で培ってきたスタッフのホスピタリティマインド、プロジェクト進行管理スキル、全国規模の営業・顧客基盤等を強みに、アライアンスパートナーと課題解決策を共創していくことで、顧客や社会の求める価値を実現するソリューションを提供している。

 「REDEE」は、ゲームの体験を通じて、デジタル技術をはじめ、広域な知識やスキルを獲得するための施設として、20年3月に大阪府吹田市にオープンしたデジタル教育施設だ。

 両社はゲーム・最新テクノロジー体験がシニア世代に与える3つの意義を次のように定義した。

  1. 楽しみながら健康に「フレイル予防」「健康寿命の延伸」
  2. 参加者だけでなく見学者も含め会話や交流が活発に「社会参加」
  3. 若い世代とシニア層をつなぐコミュニケーションツール「世代間交流」

 今後、シニアマーケットにおけるeスポーツ領域の活用を推進すべく、高齢者施設向けのレクリエーションイベントを企画・運営する。高齢者が楽しみながら健康にデジタルデバイドを解消できるきっかけづくりをサポートしていく事で、SDGsの掲げる「誰ひとり取り残さない」社会の実現に向けた、社会貢献につながる事業活動として発展させる狙いだ。

 また、シニアマーケットにおける事業展開を中心に進めていくが「eスポーツ」という共通言語で、シニアからZ世代までをつなぐなど、世代間をつなぐ新しい社会コミュニケーションの形を顧客や地域に提供することを目指す。

 なお、実証実験として12月12日、兵庫県伊丹市の有料老人ホームにてeスポーツ体験会を開催。60代~90代の入所者の方が参加した。参加者アンケートによると、「楽しかった」、「脳に良いと感じた」との回答が多く、「今後も参加したい」の回答が75%だった。

【関連記事】
博報堂SDGsプロジェクト、「社会行動クラスター」を開発
TBWA HAKUHODOが「SDGs ACTION GUIDE」を公開 企画立案のヒントを体系化
SDGs関連の活動をする企業の93%が「活動を社内外に発信できていない」と回答【プルークス調査】
ドールが「もったいないバナナ」プロジェクトを始動 SDGsの実現に向けジュース店に廃棄バナナを提供
MERY、SDGsをテーマにした企画を実施 ライブ配信やワークショップでユーザーの自分ごと化を促す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/20 15:00 https://markezine.jp/article/detail/38169

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング