SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IM、サーバーサイドGTMと連携したITP環境下のユーザー同意情報を保持できる機能を開発

 インティメート・マージャーは、Googleタグマネージャーの新しい機能のサーバーサイドGTMと連携することでITP(Intelligent Tracking Prevention)環境下のユーザーの同意情報を保持することができる機能を開発。Priv Techが提供する同意管理プラットフォーム(Consent Management Platform、以下CMP)「Trust 360」へ提供した。

 同機能を活用することで、従来のCMPの課題であったITP環境下の同意情報の長期保有が可能になる。

 2022年4月に施行される改正個人情報保護法(以下、改正法)により、データに対する個人の権利が強化されるとともに、法令違反に対するペナルティも強化されるなど、企業がパーソナルデータの活用する際にはCMPを活用しユーザーから明示的な同意を取得することが義務付けられる。

 また、AppleのブラウザであるSafariがITPのアップデートにより3rd Party Cookieおよび1st Party Cookieの一部がブロックされるほか、GoogleもChromeでの3rd Party Cookieサポートを2023年に終了するなど、ブラウザ規制も発表されており、デジタルマーケティング界隈は今後法令遵守とブラウザの規制の双方に対応していくことが要されている。このような背景を受け、今回の開発をするに至った。

【関連記事】
Legoliss、「個人データ利用同意管理プラットフォーム(CMP)」の販売・導入支援を開始
CDP「INTEGRAL-CORE」が同意管理プラットフォーム「IM-CMP」との連携を開始
インティメート・マージャー、Polarと提携 ポストCookieに対応した広告作成ツールの販売を開始
インティメート・マージャーとfluct、1st Partyデータ支援サービスの提供を開始
インテージ、インティメート・マージャーと業務提携 データの共通基盤の構築・提供を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/02 18:30 https://markezine.jp/article/detail/38252

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング