SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberZの運用型テレビCMパッケージ、Twitter上の会話量分析が可能に

 CyberZは、アプリ広告特化の運用型テレビCMパッケージ「TELEGMA for App」(Television Growth Marketing for App)において、Twitter上の会話量分析機能の提供を開始した。

 同サービスは、テレビCMの出稿を検討している企業に対し、テレビCMの作成から放送枠のバイイング、費用対効果の可視化まで一貫したサポートを行う。

 テレビCMの放映後は、インストール数の増加のみならず、特にTwitter上で対象サービスについてのエンゲージメント(投稿、リツイートなど)が顕著に増加するケースがある。そこで、同サービスはTwitter上の会話量の増分を可視化する機能を開発。「テレビCMの放送がどれくらいエンゲージメントの醸成につながったか」が分析可能となった。

 これにより、テレビCMを活用したプロモーションにおいて、インストール獲得単価や起動単価のみにとらわれない、放送枠やクリエイティブの多角的な評価ができる。

【関連記事】
CyberZ、アプリプロモーションに特化した運用型テレビCMパッケージの提供を開始
CyberZ、元P&G音部大輔氏を顧問に迎え「D2Cブランド戦略室」を設立
CyberZ、スマートキャンプとオトナルと共同でBtoBサービスのための広告パッケージを提供開始
CyberZ、タクシー広告の運用を支援する「Optimized Taxi ADパッケージ」提供開始
CyberZ、SaaS領域に特化したマーケティング組織を設立 新R25のスポンサードコンテンツを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/03 14:30 https://markezine.jp/article/detail/38261

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング