SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACと博報堂アイ・スタジオ、生活者が意見や気持ちを伝えられる広告の提供を開始

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、「Rich Creative Promotion Service(RCPS)」の第2弾メニューとしてインタラクティブ広告「Q&A CREATIVE」の提供を開始した。

 同サービスはクリエイティブ内に設置した簡単な設問を通して、広告接触者が自ら商材を選択できるインタラクティブ広告だ。ランディングページ遷移後ではなく広告上で設問に回答できるため、導線が短くなり、途中離脱の防止につながる。

 また個々の回答結果に応じた商材の提案やランディングページの表示が可能。またアクションにより広告接触者の興味・関心が醸成され、よりコンバージョンの見込みが高い状態でランディングページへ誘導することができる。

 同サービスでは、Googleが提供するツール「ディスプレイ&ビデオ 360」と「Google Web Designer」を活用し、広告接触者の能動的な反応や興味関心度、クリエイティブのデザイン評価など、より深いクリエイティブ分析を行うことができる。

【関連記事】
博報堂DYMPとDAC、データクリーンルームを活用した広告プランニングシステムでAmazonに対応
DAC、デジタル×テレビの広告効果を可視化する統合モニタリングソリューションの提供を開始
DACと博報堂アイ・スタジオ、データで最適なクリエイティブ選定を実現するサービスの提供を開始
アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始
地域のコンテンツマーケを支援!DAC、博報堂DYMP、博報堂アイ・スタジオがマガジンハウスと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/16 11:15 https://markezine.jp/article/detail/38369

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング