SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

【参加無料】Cookieレスで広告効果が悪化する前に、対応すべきこととは?

 MarkeZineは、2022年3月9日(水)~3月10日(木)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2022 Spring」をオンラインで開催する。本記事では、9日に行われるセッションからおすすめのものをピックアップして紹介する。

データ活用のルールの変化に対応するヒントが明らかに

 3月9日(水)の10時00分から行われるセッション「Cookieレスで広告効果が悪化する時代に備え、マーケターが考えるべき戦略とは」には、デジタルプロダクト開発本部でデジタルマーケティング部の部長を務める田中奏真氏が登壇。エン・ジャパンが、改正個人情報保護法の施行や各プラットフォーマーに対する規制など、データ活用におけるルールや考え方の変化に対しどのように対応しているか、事例が明らかになる。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

顧客の声を起点にマーケティングを進める方法を解説

 3月9日(水)の10時50分から行われるセッション『SaaS企業の成長をドライブする顧客起点マーケティング「レビューマーケティング」とは ~購買プロセス最新動向と先進企業事例から学ぶ~』では、企業事例をもとに生のレビュー活用手法とその影響度を解説する。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

業界別事例でコンバージョンを改善する方法を紹介

 3月9日(水)の11時40分から行われるセッション「3万回のA/Bテストで見えた顧客の行動と業界別コンバージョン率改善例」には、Sprocketの代表取締役である深田浩嗣氏が登壇。業界別に定番のWeb接客事例を紹介し、コンバージョン率を改善させるヒントを語る。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Spring
日時:2022年3月9日(水)10:00~18:10
   2022年3月10日(木)10:00~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/25 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38443

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング