SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、企業・ブランドのコミュニティマーケティングを支援する診断プログラムの提供を開始

 博報堂のコンサルティングチーム「HAKUHODO X CONSULTING(博報堂クロスコンサルティング)」は、企業・ブランドのコミュニティマーケティングを支援する「コミュニティ力診断プログラム」の提供を開始した。

「コミュニティ力診断プログラム」アウトプットイメージ
「コミュニティ力診断プログラム」アウトプットイメージ

 同プログラムでは、企業のブランド担当者に24の質問に答えてもらい、回答内容からブランドのコミュニティ力を、「未来志向力」「求心力」「ファン力」「オープン力」「傾聴力」「実現力」の6つの指標で定量的に分析。その結果をもとに、体験の共有を目的に集まる「体験共有コミュニティ」、事業・組織の継続的なアップデートを目的に集まる「イノベーション共創コミュニティ」、企業のパーパスの実現を目的に集まる「パーパスドリブンコミュニティ」の3タイプから提案する。

3つのコミュニティタイプ
3つのコミュニティタイプ

 また、各指標の数値を当社の独自調査から算出した企業平均値と比較することで、そのコミュニティの実現に向けて対応すべきブランドの課題も明らかにし、成功するコミュニティの創出を支援する。

【関連記事】
博報堂DYMPら、屋外大型ビジョンのデジタル・アドネットワーク化でプレミアムな広告枠を優先取引可能に
博報堂、新会社「博報堂Gravity」の始動へ ライフスタイル領域のブランディング支援に特化
博報堂ら3社、データ活用支援サービス「Data Privacy for Marketers」の提供へ
DACと博報堂アイ・スタジオ、生活者が意見や気持ちを伝えられる広告の提供を開始
博報堂とワークスモバイルジャパン、顧客体験の向上と営業担当者などの業務効率化を実現するツールを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/09 15:00 https://markezine.jp/article/detail/38550

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング