SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PORTO、全日空商事へDSP機能をOEM提供 空港ネットワーク広告配信サービスと連携開始

 統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」を運営するPORTOは、全日空商事が提供する「TRAVEL MEDIA Air Port Dynamic Ad Vision」へ、DSP機能をOEM提供した。

 全日空商事が提供する「TRAVEL MEDIA Air Port Dynamic Ad Vision」は、羽田空港の「HANEDA Dynamic Ad Vision」に加え、2021年11月にリリースした「TRAVEL MEDIA」のサービスの一つ。国内5空港(セントレア、長崎、阿蘇くまもと、宮崎ブーゲンビリア、鹿児島)の出発階制限区域内などに65インチの大型ハイビジョン、デジタルサイネージを計32台設置し、広告を配信する空港ネットワーク広告配信サービスだ。

 今回のOEM提供により、トラベラー関連の各種データや国内各空港のDOOHなどの全日空商事が提供する価値を最大限に活用し、旅マエ・旅ナカ・旅アトの各場面においてトラベラーの行動や態度変容を捉え、広告発信・分析ができる広告ソリューションを展開する。

【関連記事】
LIVE BOARD、PORTOと共同で屋外広告ターゲティング配信による広告効果を検証
PORTO、インストリーム動画施策のブランドリフト効果を事前予測するサービスをリリース
PORTO、DOOH広告においてアクチュアルデータを活用 より実態に沿った広告展開が可能に
PORTO、IASのPre-bidを拡充 インストリームでもブランドセーフティなどが可能に
VOYAGE GROUP、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO」を会社分割し新会社を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/11 09:45 https://markezine.jp/article/detail/38563

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング