SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

OTT広告×屋外広告でイメージを変革!Tinderに学ぶ、ブランドの世界観を伝える方法

 斬新なクリエイティブの屋外広告など、プロモーションが話題になっているTinder。本記事では、同社が展開する屋外広告、TVerやABEMAなどのOTT(Over The Top)広告を駆使したプロモーションについて、Tinderの東アジアの事業統括を行うチョウ キョ氏とOTT広告の配信を支援するAJAの野屋敷 健太氏に話を聞いた。

Tinder=恋愛のイメージの脱却を目指す

──Tinderは2021年9月ごろに渋谷エリアで展開された屋外広告がとても話題となりました。まず、このプロモーションを行った背景を教えてください。

チョウ:実施の背景には、日本と欧米で異なるTinderのイメージを変えたいという思いがありました。Tinderは2022年でサービス開始から10周年を迎え、先んじて提供していた欧米ではすでに人と出会うインフラとして機能しています。出会いの目的も恋愛だけに限らず、様々な目的で知り合いを見つけるソーシャルディスカバリーと呼ばれる使い方に発展しています。

MG Japan Services G.K. Country Manager,Tinder Japan/Korea/Taiwan チョウ キョ氏
MG Japan Services G.K. Country Manager,Tinder Japan/Korea/Taiwan チョウ キョ氏

チョウ:一方日本では、恋活を中心とした使い方がまだ中心となっています。コロナ禍の影響で、ソーシャルディスカバリーな使い方が少しずつ増えているものの、まだ浸透していないのが現状です。

 そこでTinderが目指す出会いの形・世界観を伝えていきたいと思い、ブランドアンバサダーに水原希子さんを起用したキャンペーンを2020年から展開してきました。2年目となる2021年は、水原希子さんがTinderでマッチした囲碁棋士と囲碁を打ったり、コスプレイヤーと一緒にゲームセンターでプリクラを撮ったりする様子を動画にして展開しました。

──恋愛以外の目的でも活用できることの提案が目的だったのですね。渋谷エリアで屋外広告を出稿したのはなぜでしょうか。

チョウ:渋谷エリアはTinderの認知が高いことがわかっていました。そのため、通常とは異なるコミュニケーションが必要だと思い、屋外広告の出稿を決めました。

既存の先入観を壊したのは、ストーリーと会話感のある広告

──では、今回のプロモーションで行った内容について教えてください。

チョウ:今回のプロモーションでは、水原希子さんを起用した動画広告の配信、そして渋谷をはじめとした複数エリアでの屋外広告の出稿を行いました。

 動画広告に関しては、他のマッチングアプリとポジショニングの差別化を図ること、Tinderが持つ出会いの可能性を伝えることを目指しました。

 それらの目的を果たすために重視したのが、ストーリーテリングです。水原希子さんは元々Tinderのユーザーで、海外に行った際は現地の人とマッチして、地元の人ならではのおすすめ情報などを教えてもらっていたそうです。彼女自身のライフスタイルが、ソーシャルディスカバリーを体現しているので、広告を見た方もストーリーに違和感を覚えることなく共感いただけると感じました。

──渋谷エリアの屋外広告は動画広告のクリエイティブとはまた異なるものでしたが、どのような意図があったのでしょうか。

チョウ:渋谷エリアでは「どこかにいい人いないかなーって、一生言ってな。」などかなり挑発的なキャッチコピーの広告を駅周辺のビジョンや看板を使って展開しました。ここには、Tinderに対する既存の先入観を壊したい狙いがありました。

渋谷エリアの屋外広告
渋谷エリアの屋外広告

 良くも悪くも認知度が高いために、キレイごとを並べても渋谷を通る人たちには響かないと思っていました。そのため、会話を投げかけるようなキャッチコピーを展開しました。その結果、TikTokなど各種プラットフォームでUGCが発生するなど、大きな話題につながったので良かったです。

 また、渋谷駅から少し離れたエリアや原宿周辺では、Tinderのことを知っている前提でデザインしたストリートポスターを大量に掲出しました。街に溶け込む色合いなどにしたことで、こちらも良い反響が得られました。

ストリートポスター
ストリートポスター

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
TinderがOTT広告に注目した理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/28 09:00 https://markezine.jp/article/detail/38581

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング